スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【本日の日経225先物コメント】先物主導で下落、往復で利益!リーマンに感謝!

【本日の日経225先物】
12日の日経平均先物12月物は4日ぶりに上昇。リーマン・ブラザーズの買収観測などを背景に引け
前30分辺りから金融株主導で切り返しをみせており、この流れが波及したことと、注目された株価指数先物・オプション9月物の特別清算指数(SQ)算出に関連した現物株の寄り付き注文が買い越しだったことも手伝い、前場には1万2240円まで上昇する場面がありましたがその後は持ち合い状態。

後場の日経先物12月限は、昼のバスケット取引が400億~500億円程度で売り越し優勢と観測されていたことや、昼休み中のSGXの下落や、ハンセン指数が下落に転じたことが嫌気され、前引けより20円安の12,170円で取引開始。寄り付き新規売りは正解でした。300枚前後の先物主導の仕掛け的な売りに押され、昨日安値12,010円が意識されましたが、12,010を付けると反発。12,160円で利益確定と、ドデン新規買いで対処。
その後は、リーマンの買収問題が週明けにも発表される可能性が報じられている中、金融関連株への買戻しの流れが続き、先物市場も次第にショートカバーから切り返しをみせ、アジア市場が堅調に推移したこともあって、結局、前場も後場も寄り付きの値段である12,190(前場)12,170(後場)に戻る展開となりました。リーマンの身売りなどによるアク抜けを相当織り込む格好となりました。15日のリーマンに関するニュースや、翌日にはゴールドマン・サックスの決算も控えているため、引き続き、米国金融株などに振らされる相場展開となりそうです。

【先物実績】
★本日の後場は、後場寄り付き売りで入り、12,160円までの先物主導の売り仕掛けで、下落で110円、アク抜け期待で120円の上昇が取れ、往復で230円と、かなりの値幅が出ました。三連休前の金曜日という薄商いの中、先物主導相場は大変美味しいものになりました!!リーマンに感謝です。

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。