スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ナイト海外の動向≫耳寄りなニュースを探して!

グローバル化された世界経済では、瞬時の報道伝達・連鎖・過剰行き過ぎ反応などが起きてしまう!夜中や休日にも、それらは起きています!耳寄りな情報を いろいろ探して掲載していきますね!この前のページには、嵐の中行ったイブニングのリアルタイムトレードも掲載しています!ご覧ください!

≪NY株:急落、一時503ドル安 負の連鎖歯止められず≫ (毎日新聞)
■24日のニューヨーク株式市場は、世界の市場が再び同時株安の様相となっていることを受けて急落、ダウ工業株30種平均は一時、前日終値比503.77ドル安の8187.48ドルまで値を下げて、下げ幅は500ドルを超えていますハイテク銘柄主体のナスダック総合指数も急落、寄り付き直後から同100ポイント超の大幅安となり、一時1500ポイントの大台を割り込んだ世界的な負の連鎖に歯止めがかからない状況

 米市場はアジア、欧州の株価暴落で売り一色の展開となっており、主要株価指数の先物は、早朝の時間外取引から軒並みストップ安となっていた。

 前日の米市場では株価下落が止まり、取引終了間際には活発な買い戻しの動きも見られたが!下に個人的解釈書きました東京市場で株価が大幅安となった流れを受けて金融関連株などを中心に再び売りが膨らんでいる原油価格の急落でエネルギー関連株の下げも目立っている。  【ワシントン斉藤信宏】


これがエネルギー関連株主導だったことが不思議だな!と感じましたし、何よりその前に・・・・・
23日(木)の東京市場後場大引け間際からの急上昇は、グローベックス米国先物やドル円とともに急上昇でした!そのきっかけとなったのが、米国から流れてきたあのニュースだったのです!下のニュースはその後、どうなったのか?注目されていないように思います!

この報道もあって、東京市場の日経先物も力技で、急上昇でした!この背景を探ってみると、興味ある事実があるように思われますね!この続きを、今書いています!お楽しみに!為替に鍵がありそうです

<14:20> ドル小幅反発、米紙の住宅ローン借り手保護策報道で

 ドルは97.39円付近。一時97.40円台まで反発した。米ウォールストリートジャーナル紙が、ブッシュ政権は金融機関を対象に400億ドル相当の住宅ローン借り手保護策の提案を検討していると報じたことをきっかけに米株先物 が反発し、ドルの買い戻しを誘発したという。

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。