スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ダウテクニカル分析≫5連騰後一端調整を入れて8,877ドルを目指せるか?

≪NYダウ&ナスダック テクニカル的分析≫
 決算内容次第では、年初来高値の9,034ドルを試す展開も想定されますが、短期急騰による調整の可能性も十分にあることも念頭に入れておきたいところです。
★ナスダック指数はザラ場、終値ともに、年初来高値を更新しています。製造業中心のナスダック指数が大幅に続伸することは、すなわち、製造業中心の回復感を反映していると考えられます。
★ダウは6月11日高値8,877ドルからの調整が、7月8日の安値8,067ドルで完了したのかどうか見ていきます。ダウは7月7日(火)に75日線を一端割って三段押しの後、4日後の13日(月)に75日線を大陽線で抜き返し、15日にはさらに大陽線で一気に200日線・25日線・一目均衡の雲上限を越えて5連騰で終わっているわけです。売り方を買い戻しを巻き込んだ踏み上げ的な上昇でもあります。
★5連騰と急騰しているので、一端押し目をいれたとしても、雲上限を割らずに横ばいで推移できれば三役好転となる可能性もあります。
★上値としては、ナスダックに刺激されて、ダウも目先的に6月実体高値8,800ドルや6月髭高値8,877ドルを目先的に試しに行く展開も想定されます。この8,877ドルを上回ると、逆ヘッド・アンド・ショルダーからの上放れが確認されることとなり、一段と強気のパターンとなり、決算内容次第では、年初来高値の9,034ドルを試す展開も想定されます。
短期急騰による調整の可能性も十分にあることも念頭に入れておき、その場合は75日線と25日線が推移する8,400ドルと考えられます。

テクニカル分析は、毎日≪テクニカルデイリー分析≫も掲載していきますね!
この記事が少しでもお役にたったようでしたら、下の3つの応援クリックとくる株の投票ボタンを押していただけると、有難いです!
この後、日経テクニカルも分析して掲載しますが、応援クリックが増えれば、日経テクニカルも全文公開でいきたいと思っていますが・・・・・どうぞ、応援クリックで、夏のヒマワリのようにグングン上へと、伸ばしていただけると、励みになり、充実させた、≪テクニカルデイリー分析≫を掲載していきますよ!応援クリックが励みになります!!!ヨロシクお願いいたします!

 まずはお気軽に、sakimono778@yahoo.co.jp まで、≪7月第3週お試し会員ご希望≫のタイトルでメールをいただければ、詳細をお送りいたします。よろしくお願いいたします。

読んでみてお役にたてているようでしたら、是非、一日1回、ポチッと、下の三つのボタンのクリックをしていただけると、書き込む意欲も増します!皆様のクリックが更新の元気のもとです!!!応援のクリック!どうかご協力よろしくお願いいたします!以前のようにいろいろ書き込んで、このブログは今後も進化していきますよ!


 くる株・株ブログランキング
は、このボタンです!!
くる株サイトの投票ボタンも押して頂けると、総合点が3点もUPしてありがたい限りです!ヨロシク、お願いいたしま~す!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へこのボタンをあと数人押して頂けるとトップ10入りです!達成すると書き込む意欲もGUです不思議なものです!応援、お願いいたします!

●位に再度押し上げていただけると嬉しい限りです!左上にある(株式・投資・マネーランキング)もクリックすると、今は●位ですが、上昇させていきます!上昇クリック、ヨロシクお願いいたしま~す!!

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。