スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12日のNY株式市場、ダウ平均は反発

12日のNY株式市場、ダウ平均は反発
プラス材料
★≪バーナンキFRB議長の前向きな発言≫
・住宅市場について、販売数減少と価格下落が鈍化傾向を示してており、住宅市場に回復の兆しが見え始めている。
★FRBが60.07億ドルの国債買取を実施し、2日連続の実施となったことから、FRBの長期金利上昇に対する断固とした態度が利回りを低下させています。
★バンカメの中国建設銀行の株式売却
■寄り付きこそ高く始まったものの、金融株やハイテク株の戻り売り圧力が強く、直に下げに転じています。特にファンダメンタルズからの売り材料は見当たらない状況。
■ただ、マイナス材料として
★≪金融機関を始め、自動車会社の増資計画≫など
も伝わっており、希薄化懸念から、一旦、ロングポジションを外し、様子を見たいとの要因もあるようです。
■また、
★≪GM幹部が自社株を売却していたことが明らかとなり、同社株が20%超急落≫していたことも、雰囲気をネガティブにしています。
■ただ、景気底入れ期待感から、下値での押し目買い意欲も強く、終盤には買い戻しも入り、ダウ平均は反発して引けています。

■ダウテクニカルとダウ銘柄
★8400ドルの下値サポートラインを場中に一旦割って、ボリンジャーバンドの+1シグマレベルで反発。ボリンジャーは緩やかに上昇なので、今晩8400に達している状況、8400ラインがサポートとなるかどうか瀬戸際の状況。今晩のNYは小売売上高の発表内容と市場の反応が注目されます。
※ダウ採用銘柄ではGMが20%超急落。バンカメ、シティG、GEが下落。
※一方、ファイザー、メルクといった薬品株や、エクソン、シェブロンといった石油関連株の上昇がダウ平均を支えました。
※個別にフォードが17%急落。3億株の公募増資計画を発表。現在の発行済み株式は28億株となっており、今回の増資により、約11%希薄化する。


■一方、ナスダックは、終盤下げ渋ったものの続落している。利益確定売りが継続しており、アップルやRIM、インテルなど主力ハイテク株は冴えない動き。この様な中、マイクロソフトは上昇。初の社債発行となる総額37億5000万ドルの起債を実施。総額400億ドルの自社株買いとテクノロジー関連投資の資金を賄うのが狙い。自社株買いへの期待感が強まっています。

読んでみてお役にたてているようでしたら、是非、一日1回、ポチッと、下の三つのボタンのクリックをしていただけると、書き込む意欲も増します!皆様のクリックが更新の元気のもとです!!!応援のクリック!どうかご協力よろしくお願いいたします!以前のようにいろいろ書き込んで、このブログは今後も進化していきますよ!


 くる株・株ブログランキング
は、このボタンです!!
くる株サイトの投票ボタンも押して頂けると、総合点が3点もUPしてありがたい限りです!ヨロシク、お願いいたしま~す!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へこのボタンをあと数人押して頂けるとトップ10入りです!達成すると意欲もGUです不思議なものです!応援、お願いいたします!

お蔭様で●位です。誠にありがとうございます!左上にある(株式・投資・マネーランキング)もクリックすると、今は●位ですが、あと数人でトップ●位入りです!上昇クリック、ヨロシクお願いいたしま~す!!!

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。