スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月16日(木)相場j解説

4月16日(木)相場j解説
朝に、戦略として、次のように書いていました。
★本日は 買い目線。気配は8,850ですが、5日線が8,860、+1シグマが8,880、転換線が8,830と密集しており、これを越えていくと、買い先行となります。地合いでもNY株高を受けて、買い先行の流れでしょう。

★寄り付きはNYの反発を好感、さらに中国のGDP発表への期待先行で好発進して 8,880円と高く寄り付きましたが、下押しても買いが入る状態でしたので思い切って8,880で買いでエントリー!やはり、ボリンジャーの+1シグマや5日線を越えると買戻しや買いが入り強かったですね!ブログの皆様も、前場前のコメントを見て、買いでエントリーされた方は、利益が上げられたのではないでしょうか。

★その後は、グローベックスのダウ先物の急伸し、500枚や700枚といった仕掛け的な大口買いが入り、オーバーシュート気味に上値を切り上げた展開。最も大きい注文は9040円の1000枚買いで、これが約定した直後に付けた9050円が日中の高値となっています。未来サイトでは、前場ラージ1枚の取引換算で170円の利益確定。

★中国実質GDP発表後は予想値よりもやや低かったことと材料出尽くし、さらにダウ先物や為替が急落して、これに連れ安する形で日経は上げ幅を縮小。
★前場は買い超だった東証1部指値総計も、後場は終始売り超となり、後場終盤には売り指し株数が9億株を上回る高水準となり、前場寄り付きで空けた窓を埋めにいく展開で、一時前日比マイナス圏にも突入。現物株は投げ投げとなり、前-後場で真逆の相場模様となりました。

★5日線やボリンジャーバンド+1σを下回る終値となり、9,000円の大台の上値抵抗ラインの壁は相当厚いことを確認。前場の一連の上値トライで上値にシコリを積み増すことになり、さらに上値は重い状況となっています。
★金曜日週末の日経は、この9,000円という厚い壁に再度トライするようですが、突破できるのか、注目です。

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。