スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経225先物戦略ポイント

★10日の米国市場は、聖金曜日(グッドフライデー)の休日のため休場であったが、本日も欧州ではイースターマンデーのため休場であり、海外勢によるオーダーは少ないと考えられます。

下限8,800-8,850-8,900-9,000ー9,060-9,100-上限9,140
★8,900を一度、金曜日に割っています。もう一度、下値を試す展開も考えられます。

★本日、三井住友FG(8316)が寄り付きそうです。オーバーシュートしたから、上げてくるようなら日経上昇の要因にはなります。監視が必要です。
★米金融機関や主力企業の決算発表が本格化するため、決算を受けた海外市場の影響を受け
易い。14日のゴールドマン・サックスは増資観測が伝えられています。
★国内でも業績修正が出易い時期であり、物色としては主力処へは向きづらく、政府・与党による過去最大規模の追加経済対策の決定を受けた政策関連や、やや仕手系色の強い材料系の銘柄での短期的な値幅取りの動きが活発化しそうです。
★中国のPMI(購買担当者景気指数)の改善、新車販売の好調など、中国の景気回復期待が強まっている状況です。中国関連銘柄への見直しの流れが広がるとなると、依然として出遅れ感のある商社や海運といった一角には出直りが期待されます。

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。