スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経225先物戦略ポイント

日経225先物戦略ポイント
「シカゴ日経平均先物(CME)」(7日)
JUN09
O 9480(ドル建て)
H 9520
L 9235
C 9320 大証比-50(イブニング比-130)
Vol 14506
JUN09
O 9435(円建て)
H 9485
L 9205
C 9285 大証比-85(イブニング比-165)

下限 9,140ー -上限9,400

★米大手金融機関19社に対するストレステスト(健全性審査)の結果についてはバンカメなど10行が資本増強が必要となったが想定されていた範囲内でしょう。NY市場の下落の影響から利食い優勢となるでしょうが、その後は底堅さが意識され売り一巡後は買戻しが入りそうです。
★また、オプションSQ値が結果的に下で決まることになれば、SQ値がサポートとして意識されてくる可能性も考えられます。金融関連セクターは昨日の後場から一段高をみせており、この反動もみられそうですが、金融システム安定化にともなうショートカバーの流れは続きそうです。
★7日に年初来高値を更新した日経平均<.N225> が利食い売りに押されると上値が重くなる可能性もありますが、グローベックス市場の米国株指数先物がしっかりで推移しており、ドルの地合いを支えそうでしょう。 ダウ先物が8,400を割らないか、為替が99円を割らないかみていくことになります。
TOPIX先物が昨日の値 880台を維持できるのかもみていきます。



comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。