スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前場解説 為替と日経先物との連動相場!

このところ、ユーロ円の動きに警戒していたのですが
朝方から、ドル円の安い動きと日経寄り付きの安い動きに目がいっていました。
ユーロ円が9時台に明確な2番底形成のためのサインを作っています。
96.50以下に買い需要が待っていると朝書いていましたが
96.23円まで安値を更新させて、買いつけたから、
オーバーシュートした分、買戻しも入ったということですね。

それと、移動平均線が3本収束していたし
日足でも25日線と5日線が50円の差しかなく近づいてきていたので
8,730の押し目は思い切って買いでした。
為替が96.50円を割れば買いが入るのではという予測をたてていたのですから
日経も8,650で買いで入っている買い方にすれば
8,680以下は割らせない、為替を動かして
一気に上値抵抗ゾーンまで踏み上げるという戦略が立っていたということですね。

8700円付近で売っていたところが踏み上げられています。
需給に刺激を与えたのは大口の成行き買い注文で
前日比プラス圏まで回復すると、突如として大口の買い注文が流入。
ワンショット750枚のほか、250枚の買いも4連発入っていたようです。
寄りで売りポジションを作った短期筋が、
我慢できずに買い戻したとの見方がされているようです。
また、前場は現物市場の動きが鈍かった(東証1部指値総計は終始大幅売り超)こともあり、
先物売買に傾斜する証券会社の自己売買も多かったようです。
そのため、細かく生じた短期トレンドに追随する動きが出やすく、
前述の上昇局面では序盤に作った売りポジションの解消(買い戻し)が
活発だったものと見られています。

大口は寄り付き値を為替なとと関連させながら、安く寄り付かせたり
高く寄り付かせたりして、仕掛けますね。
週末にユーロ円と日経の連動性をレポートしていましたが
安値圏にあるということは、一旦そこで買いが入り反発するということでも
あるわけですよね。
買いを、押し目を作った8730で入れる、その俊敏性
ユーロ円が2番底形成かという読みを見過ごさないこと、
大口の戦略を見破ることは、結構大変です。
考えすぎて、慎重になりすぎても上値が買いにくくなりますね。

為替は、5分足で75本線に2度タッチして上値をたたかれて
本日安値圏まで下落しています。
8,800売りは正解でした!
後場の戦略を練りたいと思います。

 お試し会員定員枠に限りがありますのでまずはお気軽に、sakimono778@yahoo.co.jp まで、≪4月第5週お試し会員ご希望≫のタイトルでメールをいただければ、詳細をお送りいたします。よろしくお願いいたします。

______________________________

是非、一日1回、ポチッと、下の三つのボタンのクリックをしていただき、ランキングサイトの「個人投資家のための先物・株式情報」のボタンをクリックして戻ってきていただけると、INとOUTの数が両方増えて、書き込みの意欲もグングンGUします以前のようにいろいろ書き込んで、このブログは今後も進化していきますよ!応援のクリック!どうかご協力よろしくお願いいたします!
皆様のクリックが更新の元気のもとです!!!

 くる株・株ブログランキング
は、このボタンです!!
くる株サイトの投票ボタン
も押して頂けると、総合点が3点もUPしてありがたい限りです!ヨロシク、お願いいたしま~す!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へこのボタンをあと数人押して頂けるとトップ10入りです!達成すると意欲もGUです不思議なものです!応援、お願いいたします!

お蔭様で●位です。誠にありがとうございます!左上にある(株式・投資・マネーランキング)もクリックすると、今は●位ですが、あと数人でトップ●位入りです!上昇クリック、ヨロシクお願いいたしま~す!!!

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。