スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の日経先物

日経225先物戦略ポイント
「シカゴ日経平均先物(CME)」(21日)
JUN09
O 8790(ドル建て)
H 8895
L 8645
C 8880 大証比+110(イブニング比+140)
Vol 13611
JUN09
O 8725(円建て)
H 8850
L 8600
C 8835 大証比+65(イブニング比+95)


★8,820は月曜日の時点で買戻しが入ったところです。8,900~8,940は売り方が売っていた売り圧力の強そうなゾーンです。シカゴの終値に鞘寄せした始まりそうですが、その後の展開でまず上を試しに行く展開なのか、見ていきます。売り方にしても、売り方のゾーンまで引き付けてから売ってくるのでしょう。本日空ける窓を埋めに行く展開も予想しておきます。
★ガイトナー発言、「大部分の金融機関は十分な資本がある」、「金融システムへの信頼感やや信用市場に回復の兆しが見える」 を好感し、銀行セクターの反発から、上昇ですので、本日は、銀行株などに買いが入ると日経先物も上昇スタートかどうかみていきます。

★NY市場の上昇は好感されようが、昨日の段階で一部ウェブサイトが19行中16行が債務超過で破綻状態と指摘したことに対して、米財務省報道官が否定しており、カバーは入ろうが見直し買いが強まるまでには行かないでしょう。引き続き、米政府は4月24日にストレステストに関する経済、金融の前提条件の詳細を公表し、5月4日に実際の結果を公表する予定であり、これを通過するまでは積極的には手掛けづらい状況が続くことになります。
★本日も全体としては底堅さが意識されるものの、こう着感の強い相場展開となりそうであり、物色は次世代電池、原発、鉄道整備などテーマ性があり、需給妙味の大きい材料株での値幅取り狙いの流れが継続すると考えられます。

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。