スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NY大幅続伸!報道主導で政策期待!焦点はガイトナー財務長官がワシントン時間の9日正午に発表する金融安定化計画へ!!!

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>      
終値         8280.59(+217.52)    
前営業日終値   8063.07(+106.41)
ナスダック総合<.IXIC>      
終値         1591.71(+45.47)    
前営業日終値   1546.24(+31.19)
S&P総合500種<.SPX>      
終値         868.60(+22.75)    
前営業日終値   845.85(+13.62)

■米株は大幅続伸。米1月雇用統計は市場予想より悪化しましたが、結果的に政府が景気刺激策への対応を速めるとの見方が優勢となり上昇しています。
★6日のダウの上昇は、政府主導の報道により仕掛けられて上昇しているような感じです!米国政府も株価を相当意識して、政府報道をしていますね!!!為替も連動して動いています!

■ダウ平均は失業率が16年ぶりの悪化を示し、非農業部門雇用者数が34年ぶりの減少幅となったものの、序盤から買い優勢。
ホワイトハウスが指標結果を受け米上院による景気対策法案可決の必要性を高めたとの認識を表明し、買いを後押しした
■中盤もアナリストから破綻リスクは低いと指摘されたバンクオブアメリカ、シティなどの銀行株が支え、上値を探る展開
★著名アナリストがバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)の国有化懸念に否定的な見方を示し、ルイス最高経営責任者(CEO)も国有化の可能性を否定したと報じられました。国有化で株主価値が失われる懸念が後退し、バンカメは26%高と急伸
■引け前に
ガイトナー財務長官がワシントン時間の9日正午に金融安定化計画を発表する方針と報じられると249ドル高を示現し、高値圏で終了した。なお金融セクターは8%高で終了した。一方、週足では主要な株価指数は反発となった。

オバマ大統領は、9日午後8時(ワシントン時間)に景気対策に関して、記者会見を開く

NYダウの現在のPERは9.8倍。歴史的に見れば割安感も指摘できるが、世界のマーケットの予想PERが10倍前後であり、それと比較すると標準的な水準。(ちなみに日本は現在30倍を越えている特殊な市場となっています。)世界的な景気底入れ観測を背景とした、バリュエーションの拡大がなければ、米国を含めた10倍前後のPERに大きな変化はまだ訪れないと言われています。

■ただ、一部に景気底入れ観測を織り込む動きが出始めているようです。世界景気に先行するバルチック・ドライ指数は、20008年12月5日の直近安値663ポイントから2月5日の1,498ポイントまでわずか2ヶ月で約2.3倍と急騰しています。直近5日まで13連騰です。鉄鉱石を運搬する船舶はフル稼働で、鉄鉱石需要の回復を示唆しており、その運賃は昨年12月に付けた過去最低に比べ9倍以上に回復しているようです。また、フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)も改善が見られています。全体には波及していないものの、一部に景気底入れ観測を織り込む動きが出始めています。

■また、底入れの可能性を示唆するマクロ指標も見られ始めてもいます。主要小売チェーンの既存店売上高のICSC小売売上高は、昨年11月を底にマイナス幅が改善方向に。1月のISM非製造業景況指数は42.9と市場予想を上回り、11月の37.4を底に2ヶ月連続で改善となっています。2月2日に発表さRた1月のISM製造業景況指数は、35.6と市場予想を上回り、先行指標となる新規受注指数は、昨年12月の23.1から33.2に大きく改善し、5ヶ月ぶりに上抜いています。先行きに薄明かりが射し始めた可能性もあり、製造業・非製造業とも未だ拡大・縮小の境となる50を大きく下回っていますが、企業マインドが改善に向かい始めた兆候と見ることもできます。金融救済策の概要が明らかになり、景気刺激策の法案成立となれば、冷え込んでいる消費者及び企業のマインドを押し上げる支援材料となる可能性もあります


■今週の予定
★欧州の有力金融機関の決算が予定されています。9日のバークレイズ、10日のUBS、11日のクレディ・スイスなどが注目されます。
★10日には、バーナンキFRB議長が下院金融金融委員会で融資プログラムに関する証言を行います。
★11日の貿易収支は、367億ドルの赤字と、11月実績の404億ドルの赤字から改善する見通し。また11日の財政収支は750億ドルの赤字が見込まれています。
★12日の小売売上高は前月比▲0.3%と12月の同▲2.7%からマイナス幅の改善が見込まれています。
★13日のミシガン大学消費者信頼感指数は61.5が見込まれており、1月の61.2から改善する見通しです
6割方決算を終えた2008年12期業績は前年同期比39.2%減益、今期も減益見通しですが一部に景気底入れを示唆する指標が見られ、米国相場大幅高の可能性もありますが、短期で相場が終了する可能性も念頭に入れておきたいところです

■ガイトナー財務長官がワシントン時間の9日正午に発表する金融安定化計画「バッドバンク構想」への反応次第で9日(月)NYさらなる上昇になるのか注視する展開になります。

■テクニカル的には、ダウは6日終値8,280ですが、W底を形成して反発というチャートになっていて、8,330にある25日線を抜けて、1月28日直近高値8,400どころにある抵抗ラインを抜けられるかどうかを週前半にトライするのでしょう。8,400を抜けるとその上は、8,540にある75日線や、一目均衡9日の雲下限8,550が意識される展開でしょう。

■午後から、日経225先物の来週の見通しについて書きます。また、ご訪問いただけたら、嬉しい限りです。

皆様のクリックが、ブログ更新の元気のもと・エネルギー源で~す!
どうか、このサイトの応援クリック、ヨロシクお願いいたしま~す。


 くる株・株ブログランキング 
は、このボタンです!!これは総合点が2点上昇します。くる株は総合点で上位へとアップします。
くる株サイトの投票ボタンを押して頂けると総合点が3点も上昇するのです。押して、また戻ってきて頂けると、合計6点加点で、ありがたい限りです!ヨロシク、お願いいたしま~~す!

このボタンです!(株式・投資・マネーランキング)へもワープしてみるとなんと○位ですが
あと数人でなんと○位!ガンバッテあと一つ上昇させてみたい!写真掲示されてみたいで~す!クリック、ヨロシクお願いいたしま~す!!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へこのボタンを押して頂けると現在○位ですが、トップ3入り間近!達成すると意欲もGUです不思議なものです!たかがランキング、されどランキングなのです!応援、お願いいたします!
先物ブログ村はあと4人で○位になりそうです!ヨロシクお願いいたします!
先物ブログランキングはINポイントを上げないと、上位アップできない仕組みになっています!


百聞は一見にしかず!三つのサイトにワープして、向こうの「個人投資家のための先物・株式情報」のボタンを再度クリックして戻ってきていただけるとINとOUTの数が両方増えて、書き込みの意欲もグングンGUです!!!


是非、一日1回、ポチッと、上の三つのボタンをクリックしていただけると、もっといろいろ書き込んで、このブログは進化していきますよ!応援のクリック!どうかご協力よろしくお願いいたします!
皆様のクリックが更新の元気のもとで~す!

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。