スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経225先物戦略ポイント

「シカゴ日経平均先物(CME)」(14日)
MAR09
O 8490(ドル建て)
H 8500
L 8075
C 8175 大証比-195(イブニング比-125)
Vol 12806
MAR09
O 8350(円建て)
H 8350
L 7970
C 8070 大証比-300(イブニング比-230)

下限7,850-8,000-8,110-8,240-上限8,360

★本日の日経平均は米国株市場の大幅下落を受けて、下値を探る展開が予想されます。
★銀行の損失拡大懸念や弱い小売売上高で米株が大幅安、為替も対ドル で88円台まで円高が進んでおり銀行株や輸出関連株を中心に売りが先行すると思われます。
★ドルはユーロに対しては上昇したものの、対円では下落。円はユーロに対しても上昇し ており、輸出株は売り優勢の展開でしょう。
★今晩のインテル、JPモルガンの決算を控えていること、さらに円相場も1ドル88円台の円高基調をみせていることもあり、全般に売り優勢の展開。シカゴ先物は円建てで一時8000円を割り込んでいる状況でもあり、まずは、テクニカル面のサポートとして意識される一目均衡表の雲下限(8110円)レベルでの攻防が予想されます。下落後は、日経平均8000円付近では年金や個人の買いも考えられ、8,000円大台の攻防に なりそうです。

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。