スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経225先物 戦略ポイント

「シカゴ日経平均先物(CME)」(11日)
O 8650(Globex 合算)
H 8710
L 8410
C 8450 大証比-240
■週間新規失業保険申請数が予想以上の増加となったことで朝方は下落して始まったものの、その後は原油価格の上昇を受けてエネルギー関連銘柄を中心に堅調推移でした。しかし、ビッグ3救済法案が上院で否決される可能性が高いとの見方から引けにかけて急落する展開にまりました。

★ビッグ3救済法案の成立可否への警戒感のほか、GLOBEXナスダック100先物も弱い動きをみせており、先物・オプションSQ通過後も手掛けづらい相場展開となりそうです。ただ、SQ通過後は海外勢のXマス休暇入りで商いが細る可能性が大きいほか週末要因もあって参加者が限られることもあり、売り一巡後は底堅さが意識されそうです。このところは売り込まれていたセクターなどへの買戻しが目立ってきているが、下げたところでは買いを入れてくることも考えられます。

★本日の日経平均株価は週末を控えて調整色の強い展開が予想されます。
★8,420近辺では、買い、さらに25日線まで下落するようなら、さらに下で買う感じでしょうか。

下限8,360-8,420-8,500-8,550ー8,600

基準線           8464
サポート(2)       8452
25日移動平均       8366
転換線           8285
標準偏差-2σ       7685

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。