スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日経225先物 後場の戦略】

★マイナス2シグマの7,430まで下落したところで、PKO的な買いが入り下げ渋りを見せて反転。★一方、バスケット売りなどが上値を抑えている状況でもあり、連休を控えているとなると全体としてはこう着感が強い。
★米GMなどビック3の審議が凍結され、12月に再審議と伝えられています。再生計画案を提出させて、これを元に再審議をするわけですが、不透明要因が払拭されない面はあるものの、月内の破たんリスクは回避された格好です。そのため直近の下落影響からショートカバーによる切り返しはありそうだ。ただ、あくまでもリスク回避によるポジション調整といったところでしょう。

★一旦買い決済している場合は、動いた方にのることもできます。
★私もそうですが、買い決済をしていなかったので、新規売ったままです。動いた方にのります。


comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。