スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日経225先物戦略ポイント】

「シカゴ日経平均先物12月限(CME)」(20日)
O 7755(Globex 合算)
H 7835
L 7270
C 7325 大証比-355(イブニング比-325)

★本日の日経平均株価は米国株市場の連日の大幅下落や円高進行を受け、下値探りの展開が予測されます
下限7,000-7,150-7,250ー7,350-7,450-上限7,500

★チャート上値の目処
一目均衡表転換線8,400円、
11月19日安値8,110円。
★チャート下値の目途
25日ボリンジャー-2σ7,430円
25日ボリンジャー-2.5σ7,150円

★VIX指数(恐怖指数)は10月の下落時につけた価格を超え、過去最高を更新するなど米国市場の不安感が一段と強まってしまっています。為替相場は円高基調に向かってきており、週末3連休を控えていることもあって見送り姿勢が強まる中で換金売りなどに押される展開となりそうです。テクニカル面ではボリンジャーバンドのマイナス2σが7400円レベルに位置しており、まずはこの辺りをサポートとして意識させられるかが注目されるところ。
★流れとしては10月28日の7000円割れへの警戒が強まるでしょう、連休による手控えのほか下値での年金資金観測などもあってこの価格帯へ仕掛けてくる動きも限られると考えられます。また、中国の政府系ファンドが米保険大手AIGへの出資交渉が伝えられており、売り仕掛けも出しづらい状況です。不安定な相場環境の中で、売り一巡後の短期的なリバウンド狙いを繰り返すことになりそうです。

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。