スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日経225先物 戦略ポイント】

■物色としては昨日のように年金資金とみられる買いが入るようだと、コア銘柄を中心とした物色になり易く、反対にこう着感が強まる状況となれば、次世代エネルギー関連や自社株取得を発表している銘柄に対する個別物色。
■また、昨日の後場からの先物主導の急騰場面では10分程度で200円超の動きをみせるなど、先物に特化しているマネージドフューチャーズの動きに影響を与えて過剰に反応するとの見方もあります。■世界景気後退入りが上値を抑え、年金資金などが下支えとしたこう着が続きそうですが、11月SQ値(8628円)、10月SQ値(7992円)レベルに接近する過程では、強弱感から思惑的な動きも出てくる可能性はあるので注視したいところ。

シカゴ日経平均先物(CME)」12月限(17日)
O 8560(Globex 合算)
H 8655
L 8295
C 8420 大証比-70(イブニング比-20)

【日経225先物 戦略ポイント】
★本日の日経平均株価は景気減速懸念に伴う米国株市場の続落を受け、軟調な展開が予測されます。
下限8,130-8,190ー8,320-8,500-上限8,640

転換線           8835
レジスタンス        8787
25日移動平均       8642
基準線           8298
サポート      823  7954
標準偏差-2σ       7490

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。