スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪週末の興味ワクワク経済動向≫驚愕のチャート発見!今や収益チャンス満載の本格投資へのインスピレーション・発見が増幅されます!

週末を、いかがお過ごしでしょうか!
■投資活動を行っていると、次第に経済問題について詳しく敏感になっていき、興味・関心が広がっていきます。その結果として、収益が上げられるとしたら、銀行の利子など比べ物にならないほどの、遥かに素敵な利回り、いえ、収益が得られるのですから、これは、とってもお得な魅力的なテーマなのですよね!!
■今回のG20は欧州勢や日本の麻生総理も元気で、なんとか新しい枠組みを作り、リーダー的な役割を果たしたい!・・・という意向を持ってのぞんでいるようですね! 一極集中より、いいことですよね!
今日は、14日(金)の米国市場やG20に関するニュースなど、週末の内外の経済ニュースを特集してみます! 

その前に、昨日の米国株価指数は必見です!百聞は一見にしかず!まずは、リアルタイム世界の株価指数と為替 http://www.w-index.com/へ、ワープして見てみてください!

■そして、左端にある上から10番目のアイコンをクリックしてみてくださいこれは前衛的なアートか?!と驚くような見事なチャートになっていますよね!
★この場面に、自分の資金を投資して売買していたら、この高速エレベーターは、もうドキドキものであることは間違いない!ブラボーと叫んでいるか!はたまた全く反対にムンクの○○の叫びになっているか!・・・そういう人間心理の両極端が凝縮している珍しい仰天チャートになっています!
★超刺激的!土曜日の朝起きて、一番にこのHPにワープして、トップページや上記の10番目のページをみると、またまた驚愕の嵐!とても刺激的、想像を絶するラインが早朝にプラスされていました!!!

★もし、このサイトが初めてという方のために、この指数チャートは
全て60秒間隔で自動更新します。
現地時間 or U.S.東部時間表示です。
チャートをクリックすると日足チャートがでます
ダウとナスダックをクリックしてみると、瀬戸際チャート、首の皮一枚で最安値との攻防になっていますよね。

新しく投資の扉を開くのなら、こういうHPは欠かせない投資王道の入り口ですよね!その極意とは、この一つのHPで、グローバルな世界の経済動向がリアルタイムに、24時間、誰もが把握できること!このHPから宣伝をお願いされているわけではないのですが、投資活動をしている人にとっては、このようなHPは欠かせないページになっていますよね!
■「これから、投資を始めようか!」「投資の新たなる扉を開きたい!」という願いを持たれている場合にも、こういうサイトから、興味関心をドンドンと広げていくと、逆に早道で、かつ確実な投資の王道が進めるのかなと思います!チャートというグラフ表示なので、眺めているだけでも、自然と自分なりの新鮮な発見や疑問・着眼点も見つけられ、経済ニュースを読むモチベーションもグングン高まり、そこから投資へのインスピレーションも発見できますよね!


≪NY株:急反落、一時267ドル安≫
■14日のニューヨーク株式市場は、個人消費の落ち込みで米景気の後退懸念が一段と強まったことなどを受けて急反落、ダウ工業株30種平均は一時、前日終値比267.29ドル安の8567.96ドルまで値を下げた

10月の米小売売上高が大幅に減少し、金融危機で個人消費が打撃を受けていることが改めて裏付けられた大手企業の人員削減が相次いで発表されていることも市場心理を冷え込ませている。                【ワシントン斉藤信宏】

                                     
≪10月米小売売上高は過去最大の減少、ガソリン価格下落が一因≫  
■米商務省が14日発表した10月の小売売上高は 前月比2.8%減少し、比較可能な1992年以降で最大の落ち込みとなった。  
住宅価格の下落を背景に消費の抑制が強まっている。ただ、価格下落によるガソリン売 上高の減少も一因となった。  
■10月の小売売上高はロイターがまとめたエコノミスト予想の2.0%減を大幅に下回 った。  前月はマイナス1.2%からマイナス1.3%に修正された。  

■モルガン・スタンレーの債券ストラテジスト、ケビン・フラナガン氏は「信用市場や資 金調達市場の混乱の影響が消費セクターまで波及している」と述べた。  自動車・ガソリン・建設資材を除く売上高はマイナス0.5%となった。  ガソリン価格の低下により、ガソリンスタンドの売上高は過去最高の12.7%減少し た。
■野村証券の首席エコノミスト、デビッド・レスラー氏は「自動車とガソリンを除けば、 売上高は0.5%のマイナスだ。これは良くない数字だが恐ろしいものではない。もっと 悪い数字が示されていてもおかしくなく、心強い結果だ」との見方を示した。                 [ワシントン 14日 ロイター]
★捉え方はいろいろ!ですね!  

■米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック) が14日発表した第3・四 半期決算は、住宅市場の状況が悪化する中、過去最大の253億ドルの赤字となった。こ れにより、米財務省による1000億ドルの公的資金枠から資本注入を受けることになる

≪FDICのモーゲージ計画を注意深く見直している=米ホワイトハウス ≫

■ホワイトハウスは14日、米連邦預金保険公社(FDIC)による住宅差し押さえ回避に向けた計画を注意深く見直している、と述べた。  フラット報道官は「FDICの提案を引き続き見直す。見直しにあたり、計画がどの程度有効なのか、また他の計画とどのように折り合わせるかが検討されている」と語った。  さらに費用についても考える必要があると指摘。不良資産救済プログラム(TARP)は納税者に対して一定の利益をもたらすよう作られているとし「納税者のお金が直接使われ、リターンが見込めない計画は慎重な見直しが必要となる」と語った。   
                                        [ワシントン 14日 ロイター] 
この納税者は、米国では貧富の差が激しくその幅はかなり大きい。政府がどこの層に焦点をあてるかによって、大幅にとる政策も違ってくる!共和党と民主党では、今や天と地ぐらい違っているのか!                                   

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。