スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウ・ナス最安値に接近!(テクニカル分析掲載!)米国市場大幅続落!小売の業績下方修正と、不良資産買い取りめぐり夏の発言から一転した米財務省の消極姿勢で

≪米国株式市場=大幅続落、不良資産買い取りめぐる米財務省の消極姿勢で≫工業株30種(ドル)<.DJI>      
終値(非公式)    8282.66(‐411.30) 107ドル    
前営業日終値    8693.96(‐176.58)
ナスダック総合<.IXIC>      
終値(非公式)    1499.21(‐81.69)    
前営業日終値    1580.90(‐35.84)

≪ダウ・ナスダック テクニカル≫
★ダウとナスダックのチャートは三羽烏を形成し、10月27日の実態部分の最安値 8,175ドルまであと107ドルにせまってきています。昨日、逆三尊を作る上では重要な下値支持線を割ったことはお伝えしていましたが、さらに下落して髭もつけていない状況です。
★ナスダックも同様の三羽烏で、24日1493ポイントまであと6ポイントで、首の皮一枚というところまで迫ってきています。三空の前に最安値を割ってしまいます。
★ボリンジャーバンドの-1σを割り込み、-2σレベルまで下落しています!
主要株価指数は10月の安値に迫っており、当面下値を試す展開となるのか、瀬戸際です

■米国株式市場は大幅続落。ポールソン米財務省が不良資産 救済プログラム(TARP)の運用について、当初計画されていた住宅ローン関連の不良資産買 い取りに対して消極的な姿勢を示し、それよりも資本注入がより効果的であると、夏からの方針を変更を明らかにしたことを受け、銀行による貸し渋り解消に向けた計画への不 透明性が高まりました

米家電小売大手ベスト・バイの利益予想を引き下げを受けた景気悪化懸念の高まりが米政府による自動車業界救済策への期待上回りました。 
■セクター別でも全面安となっており特に不動産やメディアが軟調。
★ダウ構成銘柄では35億ドルの公的資金の援助を要請していると報じられたアメリカン・エキスプレス(AXP)が下落
★家電小売のベストバイ(BBY)は年末商戦期の売上が最大で前年比15%落ち込む可能性があるとの見通しを示し8%安
★デパートのメーシーズ(M)は決算で損失額が予想より軽微にとどまったものの、来年度の投資を大幅に抑制することを明らかにして11%安
★景気後退の影響は避けられないとして検索大手のグーグル(GOOG)も2005年以来となる300ドルの節目を割り込む

 (このあと、日経テクニカルと本日の戦略を掲載します!)          

米ベスト・バイ、個人消費低迷で利益見通しを下方修正
■米家電小売大手ベスト・バイ(BBYは12日、個人消費の低迷を理由に2009年度の利益予想を引き下げた
09年度の1株利益予想を約2.30─2.90ドル下方修正前回予想は同3.25─3.40ドルだった。年間の売上高は437─455億ドルの見通し

■ブラッド・アンダーソン最高経営責任者(CEO)は声明で「9月中旬以降、消費者行動における急速かつ激しい変化が、これまでで最も困難な状況を作り出している」とし、これまでの利益見通しを維持できるほどすばやく状況に対応できないと述べた。

10月の既存店売上高は、9月の1.3%減に続き、約7.6%減になった。
11月から2009年2月までの既存店売上高は5─15%減少するとし、その結果年間では1-8%の売り上げ減になるとの見通しを示した。                      [シカゴ 12日 ロイター] 


TARPは資本注入が好ましい、不良資産の買取りに消極的=米財務長官

■ポールソン米財務長官は12日、総額7000億ドルの不良資産救済プログラム(TARP)について、直接投資を通じた金融機関への資本注入に使うことが好ましいとし、当初計画されていた住宅ローン関連の不良資産の買い取りには消極的な姿勢を示した。  

■財務長官は記者会見で、TARPの残り資金について、民間からの資本調達に合わせ、銀行やノンバンクから優先株を取得する第2の計画に活用することを検討していると述べた。  また、財務省と連邦準備理事会(FRB)は、自動車ローン・学生ローン・クレジットカードといった個人向けローンを証券化する市場を支援する計画で協力しているとした。  

■財務省は当初、金融機関による貸し渋り解消に向け、住宅ローン関連の不良資産を銀行などから買い取ることをTARPの主眼としていた。しかし長官は「これは焦点にはならない」とし、「対象を定めた」購入の有用性を引き続き検討すると述べた。  財務省が焦点を移したことを受け、米経済の混乱の規模金融セクターの株主利益への影響をめぐる懸念が高まり株式市場は急落した。  

■ポートフォリオ・マネジメント・コンサルタンツの投資ストラテジスト、ロバート・アンドレス氏は、政治的な背景があると指摘。「この夏、長官は、住宅市場を支援しモーゲージ担保証券を購入する必要があると繰り返し述べていたこのプロセス全体が政治化した」と指摘した。  
■ポールソン長官は、財務省には住宅の差し押さえ回避を支援する義務があるが、追加支援は大幅な補助金となる可能性が高いとし連邦預金保険公社(FDIC)による借り手支援案が十分な支援を集めていないことを示唆した。  長官はTARPで優先すべきことは金融セクター全般の支援だとし「最優先課題は安定性であり、システミックな問題に対処するためのリソースを確実に準備しなければならない」と述べた。

以下の三つのランキングのボタンのクリックくる株の投票ボタンとさらに、それらのランキングからこのサイトをクリックして戻っていただけると
嬉しい限りです。
クリックが私の書き込みの元気の元です!
ヨロシクお願いいたします!
くる株が2位キープ祈願と、FC2は上位3位いり祈願で~~~す!表紙が掲載されます!ドキドキ!

今、新しいランキングサイトFC2は○位です!
皆様の温かき応援クリックで、まさにグングン上昇できるような板が薄い状況です!どんな状況か?想像できますか???百聞は一見にしかず!ワープして、向こうの「個人投資家のための先物・株式情報」のボタンを再度クリックして戻ってきていただけるとINとOUTの数が両方増えてグングンGUです!!!

今日、新しいランキングに登録をしました。
このボタンです!!

今何位だと思われますか?一度遊びに行ってみてください。いろいろなサイトがあります!
現在50~100位の前半○位に入っています。皆様の温かい応援クリックでグングン上昇します!ヨロシク

是非、4つのクリックをお願いいたしま~~~す!
先物ブログランキングはINポイントを上げないと、上位アップできない仕組みになっています
是非、先物ブログのボタンを押して頂けると、意欲モリモリなのですが・・・・!!!
私の書き込みの元気のもとは、皆様の下の三つのボタンへのクリックと記事への拍手数なのです!是非、応援のクリックをいただけたら、嬉しい限りです!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へこのボタンを押して頂けると現在○位ですが、トップ10入り間近!達成すると意欲もGUです不思議なものです!たかがランキング、されどランキングなのです!応援、お願いいたします!
 くる株・株ブログランキング は、このボタンです!これは総合点が2点上昇します!!くる株は総合点で上位へとアップします。
くる株はお陰さまで、上位、○位にランキングされています!
この○位の下にある投票ボタンを押して頂けると総合点が3点も上昇するのです。押して頂けるとありがたい限りです!ありがとうございます

そしてランキングサイトから私のサイトにワープしてくださるとまた1点加算です


是非、一日1回、ポチッと、上の三つのボタンをクリックしていただけると、もっといろいろ書き込んで、このブログは進化していきますよ!応援のクリック!どうかご協力よろしくお願いいたします!
皆様のクリックが更新の元気のもとで~す!

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。