スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日経225先物戦略】

「シカゴ日経平均先物12月限(CME)」(10日)
O 9190(Globex 合算)
H 9375
L 8860
C 8980 大証比-140(イブニング比-350)

■為替相場も円高傾向で推移していることもあり、昨日プラスで引けていたトヨタなど自動車セクターなどには利益確定の流れが優勢となりそうです。
■25日線レベルが抵抗線として意識され易いが、流れとしては一目均衡表の基準線と転換線に挟まれている状況であり、形状としては底値固めの展開です。
■また、昨日はトヨタの動向が年金資金の動きとリンクさせてみる向きもあり、これに先物が連動する流れが見受けられていたことから、トヨタの底堅さが目立つようならば年金資金流入などへの思惑が強まりそうです。

【日経225先物戦略ポイント】
★本日の日経平均株価は高値警戒感から戻り売りと攻防する展開が予測されます。
★米国株式市場の下落を受けて、前場の日経225先物は上値の重いスタートとなりそうですが、先週から底堅い動きを見せており下値は堅そうです。
★チャート上では先週末高値8,870円と昨日安値8,920円に小さくマドを空けたままとなっておりまずはここが節目、になりそうです。
★仮に下げ幅を拡大させた場合は先週末下値サポートとなった日足均衡表転換線8,280円レベルも意識されます。
★一方9,000円台での推移が継続できれば、昨日高値9,150円や先週高値(5日高値9,570円)が上値での目標となってきます。

下限8,630ー8,770-8,870ー8,920-8,970-9,020ー上限9,150円
基準線           9224
25日移動平均       8930
サポート(1)       8827
サポート(2)       8572
転換線           8258
標準偏差-2σ       7258

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。