スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州・英国と大幅利下げをしても、景気後退懸念に圧迫され、欧州株式市場は大幅下落!

記事の色分けですが、赤はポジ材料、紫はネガ材料、青は分析的、緑は将来予測・見通し(ネガ予測が深緑、ポジ予測が緑、となっています!色分けすると、視覚的に相場の今を捉えることができると考え、行っています。
欧州株式市場=大幅続落、景気懸念が銀行・エネルギー株を圧迫 (ロイター)

[ロンドン 6日 ロイター] 
■欧州株式市場は大幅続落。欧州中央銀行(ECB)とイングランド銀行(英中銀)による利下げにも関わらず景気後退懸念に圧迫され、銀行・エネルギー株を中心に売りが出た。  
ECBはこの日の理事会で、予想通り50ベーシスポイント(bp)利下げした。これにより、政策金利は2年ぶり低水準となった。一方、英中銀は予想を大幅に上回る150bpの利下げに踏み切った1981年以来の大幅な利下げ幅となったが相場の支援材料とはならなかった。  

複数のセクターで大型株が売られた金融HSBC は4.1%安、通信ボーダフォン は7.8%安、石油BP は約6%安、フランス電力公社(EDF) は6.3%安。  FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3> は55.11ポイント(5.78%)安の898.13。  DJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E> は168.61ポイント(6.22%)安の2542.04。
銀行株の下げがとりわけ目立った利下げに支援されるとみられていたものの景気懸念に圧迫された。  UBS は約8%安、サンタンデール は6%安、クレディスイス はが約7%安。  
他の金融株では、ヘッジファンド大手マン・グループ が31.2%安顧客によるファンドの清算が進む可能性をめぐる懸念が背景。  アクサ は9.2%安。資産管理部門の不振が響き1─9月期が減収となったことを嫌気した。
 
■トリシェECB総裁は利下げを決定した理事会後の会見で、年内の追加利下げの可能性を示唆した。総裁はインフレリスク低下の見込みを示したが相場の押し上げ材料にはならなかった。  
■ウィリアムズ・ドゥブローのリサーチ主任、ジム・ウッドスミス氏は、英中銀による予想外に大幅な利下げについて「今回の決定は前例がないもので、市場は当面混迷するだろう。ある意味で(利下げは)朗報だが、身動きがとれない状況を確認する格好となった」と述べた。  
石油株はロイヤル・ダッチ・シェル とレプソル が約7%安、トタル が5.9%安。   銅相場の下落を背景に、鉱山のリオ・ティント 、BHPビリトン 、エクストラータ は約14%安。ベダンタ・リソーシズ は20%超安。上半期利益が24.7%減となったことを嫌気した。

この下に
ECBが0.5%利下げ、トリシェ総裁は年内の追加利下げ示唆 (ロイター) 掲載中です!この後、米国株式市場やその他、本日の日本市場に影響を与えてくる記事を掲載していきます!

是非、三つのクリックをお願いいたしま~~~す!
先物ブログランキングはINポイントを上げないと、上位アップできない仕組みになっています
是非、先物ブログのボタンを押して頂けると、意欲モリモリなのですが・・・・!!!
私の書き込みの元気のもとは、皆様の下の三つのボタンへのクリックと記事への拍手数なのです!是非、応援のクリックをいただけたら、嬉しい限りです!!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へこのボタンを押して頂けると現在○位ですが、トップ10入り間近!達成すると意欲もGUです不思議なものです!たかがランキング、されどランキングなのです!応援、お願いいたします!
 くる株・株ブログランキング は、このボタンです!これは総合点が2点上昇します!!くる株は総合点で上位へとアップします。
くる株はお陰さまで、上位、○位にランキングされています!
この○位の下にある投票ボタンを押して頂けると総合点が3点も上昇するのです。押して頂けるとありがたい限りです!ありがとうございます

そしてランキングサイトから私のサイトにワープしてくださるとまた1点加算です私はいつも毎日自分で6点の加算をしているというわけです!塵も積もればの気持ちで、せっせと行っています。タマゴッチを育てる気分です。育てたことはないのですけれど・・・・(笑)


是非、一日1回、ポチッと、上の三つのボタンをクリックしていただけると、もっといろいろ書き込んで、このブログは進化していきますよ!応援のクリック!どうかご協力よろしくお願いいたします!
皆様のクリックが更新の元気のもとで~す!

ECBが0.5%利下げ、トリシェ総裁は年内の追加利下げ示唆 (ロイター)

■欧州中央銀行(ECB)は6日、ユーロ圏経済の悪化インフレ圧力の緩和を踏まえ、政策金利を予想通り0.5%ポイント引き下げ3.25%とした。年内の追加利下げは可能との考えも示唆した。  利下げは過去約1カ月間で2度目。金利は2年ぶりの水準となった。   
■トリシェECB総裁は理事会後の記者会見で、12月の追加措置に関する質問に対し「再度の利下げの可能性を排除しないわれわれはあらゆる点で予断を持たない。状況の展開を考慮しつつ必要なことを行う」と述べた。  
■今回の理事会で利下げ幅を0.75%とすることも検討したが、最終的に全会一致で0.5%の利下げを決定したと説明した。一部で0.25%の利下げが言及されたかもしれないが、1%の利下げは討議していないと述べた。  これに先立ち、イングランド銀行(英中銀)は1.5%ポイントの大幅利下げを決定し、政策金利を3.0%とした。  
■ロイターが前週エコノミスト81人に行った調査では、全員がECBの0.5%利下げを予想していた。ただ市場では、英中銀の利下げ幅と比較すると失望感があったとの指摘も聞かれた

■スイス国立銀行(中銀)もこの日、0.5%の利下げに踏み切った。  トリシェ総裁は、ユーロ圏インフレ率が来年、ECB目標(2%を若干下回る水準)に戻る可能性が高いとの見通しを示した。10月のインフレ率は3.2%で夏場の4%から低下した。  
9月中旬以降の金融市場の混乱の高まりは、経済に対して次第に大きな影響を及ぼしつつあるもようで混乱により経済見通しに関する不透明性の度合いは異例なほど高まったと分析した。  ユーロ圏の経済成長は第2・四半期がマイナス0.2%だったが市場では11月14日に公表される第3・四半期の経済成長もマイナスが予想されている
 
■ロイターのエコノミスト調査によると、経済やインフレが減速するなかECBは引き続き利下げするとみられており、政策金利は2009年半ばに2.5%に低下すると見込まれている。  ユーロ翌日物無担保金利加重平均(EONIA)は、12月の0.5%追加利下げの確率を織り込んでおり、金利が今後最低でも2.25%まで低下することを示唆している。  
■欧州委員会は3日ユーロ圏経済がすでにリセッション(景気後退)に入っておりテクニカル的な来年の経済成長は事実上停滞するとの見通しを示した
■トリシェ総裁は、金融セクターが金融市場の混乱への対応で貢献するよう期待を表明し「金融セクターが各国政府による大きな支援を十分考慮することも大事だこうした対策は金融システムの信頼を支えるだろう」と語った。クレジットのひっ迫は見られていないと付け加えた。  この日の理事会で、ECBは上限金利(限界貸出金利)と下限金利(中銀預金金利)も50bp引き下げ、それぞれ3.75%、2.75%とした。  ECBは10月8日、協調利下げに参加し50bpの利下げをしている。

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。