スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国市場は、大統領選を控え、出来高少なく悪い経済指標にも反応せず!

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>      
終値         9319.83(‐ 5.18)    
前営業日終値    9325.01(+144.32)
ナスダック総合<.IXIC>      
終値         1726.33(+ 5.38)    
前営業日終値    1720.95(+22.43)
S&P総合500種<.GSPC> <.SPX>      
終値          966.30(‐ 2.45)    
前営業日終値     968.75(+14.66)

■米国株式市場はダウがほぼ変わらず。ク レジット市場が一段と改善していることを示す兆しを背景安値拾いによる買いが入る一 方、米大統領選挙をあすに控え大きな動きが出にくい状況となっています。  
■中銀による流動性供給措置を受けて、銀行間の短期の資金調達コストの低下が続いてい ることが支援材料となり、下値は限定的。   
■トレーダーは、大統領選が終わるまでは、相場は大きくは動かないと指摘。パシフィッ ク・グロース・エクイティーズの運用担当者、ジョン・メンジーズ氏は「選挙を前にさま ざまなシナリオが考えられており、取引は手控えられた。積極的な動きはなかった」と述 べています。  
■きょうの取引レンジはダウとS&Pがこの2カ月で最も狭く、ナスダックは8月末以来 の狭さ。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の出来高は10億2000万株と 8月29日以降で最低、今年12番目の低水準。前年の1日あたり平均出来高は 19億株。  
■経済をめぐる懸念は続いている。米供給管理協会(ISM)の10月製造業景気指数は 38.9となり、26年ぶりの水準に低下
★通信大手のベライゾン とAT&T は上昇。ワコビアは、両銘柄について、 景気低迷期の安全な投資先との見方を示した。  
★ナスダックではバイオテクノロジーが堅調で、全体を押し上げた。ドイツ銀行が「買い」 を推奨したバイオジェン は8.8%上昇した。また、調査会社ロバートW.ベア ードは、バイオジェンの投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に引き上 げた。  そのほか、ギリアド・サイエンシズ は3.2%上昇した。  
★ゼネラル・モーターズ(GM) は2.3%安。10月の米国内自動車販売台数は、 消費者信頼感の悪化を背景に45%減少。  
★米原油先物の下落を背景に、ダウ構成銘柄のシェブロン は1.2%下落した。 S&Pエネルギー株指数<.GSPE> は2%下げ。  

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。