スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ円相場急伸なのか?再び8000円割れもあるのか?市場、低迷長期化を懸念

■22日の東京株式市場で日経平均株価が急落し、3営業日続伸で市場に漂っていた安心感は吹き飛んだ。本日の株安は、世界的な景気悪化懸念が再び強まったことに加え、円相場が急伸したためです円高が続けば、輸出依存度が高い日本企業の収益への打撃は大きい景気低迷が長期化するとの見方も強まっており、市場では、日経平均が8000円台を割り込むとの観測が再び浮上しています

≪どうして、円相場は急伸するのか?≫
■円相場の急伸は、米欧の景気先行き懸念でドルとユーロが売られたため。とりわけユーロは4年半ぶりの円高・ユーロ安水準と下落が目立つ
※英イングランド銀行のキング総裁が英国の16年ぶりの景気後退入りを示唆し、欧州経済全体への不安が強まり、英ポンドやユーロ売りが加速した。

■ドルは対ユーロでは上昇したが、21日の米株価は下落しており、「金融危機の影響が比較的軽微な日本市場に、消去法で一時的に資金が退避」(邦銀ディーラー)し、円が独歩高の展開となった。

■市場では「当面は円高基調が続き、今年3月につけた1ドル=95円を試す展開になる」(みずほコーポレート銀行の福井真樹氏)との見方もある。現状の円高水準が続けば、企業の09年3月期の業績下方修正が相次ぐ可能性が高い今週から発表が本格化する08年9月中間決算の内容次第で、さらに株が売り込まれる場面もありそう

■欧米各国の公的資金投入などの金融危機対策で過度な不安感は後退しているが、実体経済への波及は今後、深刻化する恐れがあります。

※野村証券の佐藤雅彦マーケットアナリストは、「現状を抜け出す特効薬が見当たらず、株価低迷も長期化する」と指摘しています

でも、日経225先物だけに関して言えば、上下の振幅が大きいと、大きな利益につながるチャンスも盛りだくさんということです。ただ、日経が下がると、日本経済の今後が心配になりますよね!!!

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。