スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日経225先物後場戦略ポイント】

◆前日のCMEは8805円と、前日の大証終値から大きく反発。これを受けた日経225先物も、8710円と、前日高値付近まで戻してのスタート。
◆寄付き後は買い意欲が先行となり、8810円まで上値を伸ばしたものの、9000円の節目までトライする勢いはなく反転、前日イブニングセッション終値8590円付近まで一気に下げる動き。
◆ただ、下値も8500円を割り込むほどの勢いはなく前引けまでは8500円台を中心とした動き。

◆日経225先物9月限の前引けは前日大証大引けから350円高い8,600円、イブニングセッションからの出来高は94,715枚。日経225mini9月限の前引けは8,590円、イブニングセッションからの出来高は344,831枚。

【日経225先物後場戦略ポイント】
★反発となった前場の日経225先物であるが、後場はやや方向感を失いつつある動きに方向性が出てくるかどうかに注目してみたい
★まず、前場の取引レンジは8540-8810円となるが、上値8810円をブレイクしてくるような場面では9000円の節目にトライしてくるかどうかに注目したい。
★一方、前場安値8540円を割り込むような場面では心理的節目の8500円、更にここを割り込むようだと16日終値8250円といったところが意識されるポイントとなりそうです。

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。