スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪世界的な景気減速懸念とファンドの解約売りで、2005年5月以来の11,000を割り込む≫

■年初来安値を更新して始まった日経平均は、ファンドの換金売りとみられる流れが強まり、005年5月以来の11,000円を割り込み、前日比200円を越える大幅続落。

≪下落要因も分析してみると……≫
★2日の米国市場において主要株価は大幅続落。
新規失業率保険週間申請件数が(9月27日終了週)は49万7000人と前週から悪化し、約7年ぶりの高水準に達したことで景気後退懸念が強まったこと。さらに、象徴的だったのがダウ輸送株価指数の大幅下落原油価格が大幅に続落したにも関わらず、景気減速懸念で内需の先行きの弱含みを裏付ける動きになっていると予想されます。
★東証 1部売買代金も2兆3304億円と薄商いのレベルだが、今週でみれば最も膨らんでお り、下値では売り方と買い方の攻防があったようです。。
11,000円を割れで売りが優勢な展開になる背景には、景気悪化への強い懸念がある。
★金融安定化策の修正法案が下院で可決するかどうか見極めたいとのムードが強く、米雇用統計なども控えていることで方向感の掴みづらい相場展開が続いています。
★今晩発表の9月米雇用統計への警戒感が強くなっている。マイルドなリセッション入りに陥っている現在、景気動向をコントロールする金融政策のカギは失業率です。

★ファンドの換金に伴う動きが強まっている状況であり、資源・素材系や機械などへの売りに対して、ディフェンシブセクターを中心とした内需系への買戻しの動きが顕著に現れています。
★後場に入ると日経225リンク債のノックイン価格10958.18をタッチしへの意識が強まり、これにタッチさせる動きなどもみられていました。
世界的な景気後退懸念が強まっており自動車や機械など景気敏感株を中心に売りが優勢な 展開大台割れの水準では一部短期筋の買い戻しや年金などの買いが観測されているが、前日 に続き海外ファンド勢からの売りに押され安値引けとなっています。ファンド保有の小型株の下げも目立ってきています。
★海外ファンドの売りが観測されているコマツ<6301.T> や日立建機<6305.T> など機械株が 下げ止まらない。同じく特段の売り材料がみられないなか前日大幅安となりファンド勢の 売りが指摘されていた東海カーボン<5301.T> も続落となっています。
投資銀行からの 資金フローが細っているヘッジファンドの換金売りやファンドの解約売りが出ている模様。市場では「海外ヘッジファンドの決算が11月20日に集中している。解約の45日ル ールを考えると、今が売るタイミング
★一方、主要株式市場で空売り規制をしていないの は日本とドイツぐらいしかなく主力株を中心に空売りの対象とされやすい
★日経平均1万1000円の大台割れの水準では年金とみられる買いや、「ここ最近売り 込んでいた向きはポジションをいったん中立に戻そうという動き」が出て一時下げ幅を縮小する場面もある。

≪今後の見通し≫
2日発表の米新規失業保険 週間申請件数(9月27日終了週)は49万7000人と前週から増加し7年ぶりの高水 準となっています。
3日発表の9月米雇用統計への警戒感が強くなっている。マイルドなリセッション入りに陥っている現在、景気動向をコントロールする金融政策のカギは失業率となる。
国際通貨基金(IMF)は2日、米国景気が大幅に減速する公算が大きく、リ セッションに陥る可能性もあるとの見方を示している。  

米FRBによる緊急利下げへの動きが意識されている中で4日には欧州連合(EU)主要国による緊急会議が開催されるため、協調利下げなどの動きも今後出てくる可能性はある
■金融安定化策の修正法案が通過したとしても米経済悪化の状況には変わりなく、引き続きファンドによるクローズの流れが続くとみられるが金融危機リスク回避のための各国の対策をまずは評価する流れが期待されます

法案通過となれば空売り規制も解除されるため、これまでのような一方的なファンド解約による動きは、一旦は修正される可能性もあろう。2005年5月水準で振り出しに戻ったこともあり、本格反転はないにせよボトム形成で修正リバウンドが意識されるところです。 
★三菱UFJ証券・投資情報部部長代理の山岸永幸氏は「米金融安定化法案が通ってもそ れで株価が本格反騰するわけではない。金融セクターがいったんは落ち着いたとしても悪化しつつある世界景気が製造業を中心に追い討ちをかける株価が戻ったところはいず れは戻り売りだろう。その意味では、本質的に重要なのは金融安定化法案ではなく雇用統 計だ。ただ、法案が通らなければドル暴落につながりかねず、リスクは大きい」と述べて います。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。