スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SQ週!決算や米動向睨み、内外景気後退懸念で不安定な展開!

ダウ平均 11,326.32 -51.70
NASDAQ総合 2,310.96 -14.59
S&P500種 1,260.31 -7.07

「シカゴ日経平均先物(CME)」(1日)
SEP08
O 13320(Globex 合算)
H 13320
L 13025
C 13105 大証比+75(イブニング比-5)

7月31日に発表した4-6月期の米GDPが市場予想を下回り、8月1日(金)に発表された7月の米雇用統計でも、非農業部門雇用者数は7ヶ月連続マイナスになっており、失業率も5.7%と04年3月以来、4年4ヵ月ぶりの水準に悪化しています。

4日からの週の東京株式市場は振れやすく不安定な展開となる見通し。4─6月期の国内企業決算や、乱高下が続く米株やドルの動き次第となりそうです。

日経平均の水準でみると、今週はオプションSQを前に1万3000円を挟んでの攻防になりそうです。その鍵となるのは、マクロ指標などを受けた米株やドルの動向、原油価格、国内企業決算です。

2008年度 1Q決算発表予定一覧
http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/stocks_data/kessan/20080722.xls

8月5日(火)FOMC開催(利上げは見送られるとの市場予想)
8月7日(木)に6月の機械受注発表(市場予想は4─6月期受注は4四半期ぶりに前期比マイナス)


comment

Secret

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。