スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11,670 新規買い

★欧州急落状態。11,690で指値をしています。
★約定しました。
★11,870円の売り玉のみ、持越しをします。
スポンサーサイト

11,790 新規買い

★11,800で手仕舞いします。

11,790 新規買い

★11,800で手仕舞いします。

11,830 新規買い 増額ポイント

増額仕込みができるポイントです。
急ぎ買っています!
仕込んだ後でLCも忘れずに入れています!
 

★11,880までありましたが、上値重いようなので
30円抜きの11,860で利益確定します。

11,870 売り決済 ドテン 新規売り

11,860 新規買い

11,850 買い決済

11,900 新規売り

★両建てになっています。

11,900 新規買い 増額ポイント

増額仕込みができるポイントです。
急ぎ買っています!
仕込んだ後でLCも忘れずに入れています!
 

★仕込んだ後で、同値の11,900で新規売りをかけていますので
一旦、11,900の玉も、20円抜きの11,920で利益確定として
様子を見ます。

11,940買い決済

寄り付き 新規売り ★11,030の玉を売り決済

★寄り付きは11,970でした。

【日経225先物後場の戦略】

★12,000円の大台を回復してきた前場の日経225先物ですが、後場はこのまま大台をキープできるかどうかにまず注目していきます
★前場高値からはやや値を削っているものの、前場高値12,120円突破となると、26日高値12,130円、24日高値12,140円と高値のポイントがいくつか存在するが、ここもあっさりとブレイクしてくるようであれば22日高値12,250円が次のターゲットとなりそうです。
★一方、前場終盤の流れから12,000円を割り込んでくるようであれば本日寄り値11,930円がまず意識されますが、ここを割り込むようであれば26日安値11,810円が次の下値目安となりそうです

≪前場コメント≫グローベックス ナスダック100先物下落で日経先物も下落!

■日経平均は54.49円高の11947.65円(出来高概算7億1000万株)で前場の取引を終えています。米金融安定化法案に関して、米議会は修正協議で大筋合意したと伝えられたことで金融株などには買戻しとみられる流れが先行。しかし、バルチック指数の急落によって海運株が引き続き弱い動きをみせているほか、鉱業、商社などエネルギー関連や非鉄、鉄鋼など素材関連が弱い動きをみせており、日経平均は小動きで始まっています。
◆その後、為替相場がやや円安傾向に向かっていることもあって先物主導でじりじりと切り返しをみせ、一時12000円を回復する場面をみせましたがGLOBEXのナスダック100先物が下げに転じていることから次第に見極めムードは強まってしまっています
■そのなかで金融関連がしっかりなほか、小売関連が軒並み強い動きをみせている。また、金融安定化への期待や、任天堂の新型DSでカメラ内臓とも伝わったこともあり、ニコンなどレンズ関連などが堅調な動きをみせています。東証1部の騰落銘柄は、値上り982、変わらず590と値上り数が上回るものの、大型株指数は下げに転じており、日経平均の上値を抑える格好になっています。
≪後場の見通し≫
★朝方堅調に推移していたGLOBEXのナスダック100先物が下げに転じてしまっているため参加しづらい状況です。引き続き、ナスダック100先物を横目で睨みながらの展開となるでしょう。
★また、期末要因から積極的には動きづらい面もあるため、ファンドのポジションクローズに伴うリバランスの流れが続きそうです。

12,030 新規買い

くる株・株ブログランキング
まずは、くる株ランキングに登録を致しました。
後場も、今後も毎日、ガンバッテ更新していきますので、ポチッとよろしお願いいたします!!!

12,100 売り決済 新規売り

★持ち越した玉を利益確定します!
★×××××××の×には、××を××××きます。

12,060 買い決済 新規買い

11,950 買い決済 新規売り

11,980 売り決済  新規売り

寄り付き買います!

【日経225先物戦略】

「シカゴ日経平均先物(CME)」(26日)
DEC08
O 12210(Globex 合算)
H 12210
L 11840
C 12120 大証比+160(イブニング比+200)

【日経225先物戦略】
★本日の日経平均株価は米金融安定化法案の大筋合意を受け、反発上昇を試す展開を予測
予想レンジは
下限11,940円ー12,000-12,130-上限12,250(ー12,300-12,350)
★場中に「金融安定化法案」のニュースで大きく動く可能性もあるために、ニュースは監視必要です!
★寄付きが安ければ、新規買いも考えます。
★持ち越しの玉も、利益がある程度伸びたところで、利益確定していきます!
★週明けのNY市場への注目度の高まりからGLOBEXのナスダック100先物の動きを意識する向きが増えそうであり、ナスダック100先物が強い動きをみせてくるようだと、これに刺激される格好から225先物主導で仕掛け的な流れに向かう可能性があります。

≪海外の動向≫

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>      
終値   11143.13(+121.07)    
前営業日終値    11022.06(+196.89)
ナスダック総合<.IXIC>      
終値         2183.34(‐ 3.23)    
前営業日終値    2186.57(+30.89)
S&P総合500種<.GSPC> <.SPX>      
終値         1213.27(+ 4.09)    
前営業日終値    1209.18(+23.31)

≪ドル高、救済案の成立期待≫
金融安定化策に関する議会調整が大詰めを迎えているが、下院共和党が難色を示すなど依然として流動的な状況が続いており、結果を見極めたいとの思惑から日中は小幅な値動き。しかし、法案成立への期待感から引けにかけて金融を中心に買い戻される展開。セクター別では各種金融や不動産が上昇する一方でエネルギーや素材が軟調。
貯蓄貸付組合最大手のワシントン・ミューチュアル(WM)が事実上破綻し急落
JPモルガン・チェース(JPM)がワシントン・ミューチュアルの預金や銀行業務を引き継ぐとと
もに、80-100億ドルの増資を予定していることを発表し上昇。

★ハイテクでは通信機器などのモトローラ(MOT)がシティグループによる投資判断引き下げを受けて下落。
ダウ構成銘柄では、アメリカン・エキスプレス(AXP)やバンクオブアメリカ(BAC)など金融各社が堅調金融安定化策の法案については、週明けのアジア市場の取引開始までに何らかの結論が出るとの見方が多い。
米下院、金融安定化法案の採決を29日に実施する見通し=ペロシ議長
米議会・政府が大筋で合意した金融安定化法案のポイント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。