スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪本日の相場≫アジア市場・欧州市場も、空売りの買戻しで、大幅リバウンド!

後場は5日線が位置する11800円近辺で戻り一服の動きをみせていましたが、アジア市場の急騰のほか、米SECが追加の規制措置(空売り規制から一時的な空売り禁止へ)を検討していると伝えられていることなどが刺激となり大引けにかけて再び上げ幅を広げ、431.56円高の11920.86円(出来高概算26億3000万株)で取引を終えました。

■前場引けぎわに、米政府が、金融機関から不良債権を買い取って処理する公的機関設立の検討に入ったと報じられると、みずほ、三井住友などの大手銀行株を始め、東京海上、三住海上などの損保株や、野村HD、大和証Gなどの証券株が急反発(みずほはストップ高)。バルチックドライ指数が3日続伸を支援材料に、商船三井はストップ高、川崎船、郵船などの海運株も値を上げました。直近、売られていた新日鉄、JFEHDなどの鉄鋼株は商いを伴い大幅高。
今日の銘柄だった、8308りそなHDもストップ高にはりついたまま大引け!

■マザーズ指数も25日線を越えて、ネット関連大型にも資金が回り、サイバー兄弟やネットエイジ、ミクシーなども、大幅上昇4751 サイバーエイジェントもストップ高でした!

【後場の日経225先物12月限】は、前引けより20円高の11,820円で取引開始。11,810円で500枚の買いが入る中、為替市場では1ドル=107円に迫り強含み、13時半ば頃、値を下げる場面も見られましたが14時半ばには再び上値を試す展開となりそのまま上昇基調を保ち取引を終了しています。

米SECが空売り規制から一時的な空売り禁止へ動き出しそうであり、波及効果から目先リバウンド基調が続きそうでもあり、金融関連株へのリバウンドの流れが続く可能性が出てきています。アジア各国・欧州も大幅上昇しており、今晩の米国市場が一段高となるようならば、目先的な底打ち感も次第に強まってきそうです。米国政府は金融危機を乗り越えるために急ピッチに対応策を進めています。さらに週末に追加の打開策も検討するとしており、市場では期待ムードが優勢となっています。

日経先物も持ち越しを決定しているので、今晩のNYと週明けの日本市場の寄り付きが楽しみになってきました! 今週は、海外からのニュースに神経を使った一週間になり本当にお疲れ様でした!
スポンサーサイト

【イブニング先物戦略】

■中国政府も18日に株式相場支援策(国有投資会社による銀行株の買い増しなど)を発表し、19日の上海市場では売買停止銘柄を除く全銘柄がストップ高(10%高)となり、香港市場も9.6%高するなどアジア・太平洋15市場は、わずかに値下がりしたパキスタンを除く14市場の大半が大幅高し14勝1敗となりました。続く、欧州市場も大幅高しており、この波は米国市場へと続いていきそうです!
■米SECが追加の規制措置を検討→空売り規制から一時的な空売り禁止へ動き出しそう!なので、19日のNYは大幅反発の可能性は高い!

★週末ですが【超安値倍増ポジション11,710円】【デイトレポジション11,790円】を持ち越します!

11,790 買い決済 買い新規

≪重要ニュース≫金融機関の不良資産処理など包括的な対応策について協議

≪金融機関の不良債権処理などの包括的な対応策について協議≫
★米財務省によると、ポールソン長官と連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は、上下両院の民主・共和両党指導部と会い、金融機関の不良資産処理など包括的な対応策について協議した。
★また週末にかけ、長官とFRB議長が議会指導者との協議を重ねる見通し

≪金融機関が保有する流動性の低い資産の処理を進めるための対策検討≫
★CNBC(電子版)は18日、ポールソン米財務長官が金融機関が保有する流動性の低い資産の処理を進めるための対策を検討していると報じた。
★米政府はS&L(貯蓄貸付組合)危機の際に利用された不良債権処理機関であるRTC(整理信託公社)のような組織を設立する意向を示しているが、同組織の処理対象として不良債権のみならず低流動性資産も視野に入れているとみられる
★報道によると、ポールソン米財務長官は「問題の核心は金融機関のバランスシート上にある低流動性資産である」と述べ、迅速な解決策が求められるとしている。

11,820 新規売り

【前場解説と後場の戦略】 空売り買戻し相場は後場どこまで上昇するのか?

≪前場解説≫
世界的な金融システム安定化に向けた流れを受けて、金融関連株主導でリバウンド基調を強め、378.90円高の11868.20円(出来高概算12億2000万株)で前場の取引を終えています。日経平均は5日線が位置する11800円近辺で戻り一服の動きをみせていましたが、
■中国政府が発表した国有投資会社による銀行株の買い増しや、株式取引税の減免などの支援策を好感し、上海総合指数が急反発しています
■米SECが追加の規制措置を検討→空売り規制から一時的な空売り禁止へ動き出しそう!
■また、米財務省とFRB、金融機関の不良資産問題について週末にかけ協議する
と伝えられていることなどが刺激となり、前引けにかけて上げ幅は400円近くにやや上げ幅を広げてきています。各国が協調して迅速な対策を打ち出してきているので、空売りの買戻しによる反転上昇基調が継続しています。

≪東証1部銘柄≫
セクターでは銀行、保険、証券、ノンバンクなど金融関連のほか、海運、鉄鋼など売り込まれていた銘柄のリバウンドが目立ち、規模別指数では昨日下げが目立っていた大型株指数の上昇が目立っています。
★後場からのポイントは、上昇を主導している金融関連の多くが底打ち確認の意味合いから、不安感が払拭され一段高の買戻しが起きて、ストップ高で張り付くような展開になるか、注目です。

≪新興市場銘柄≫
新興市場においても、東証マザーズ指数、日経JQ平均はともに上昇!
★マザース指数が25日線を抜けるには、ネット関連大型株などが、後場さらに一段高になるといいのですが・・・・・日経先物の動きを見つつ、注目していきます。

【日経225先物前場】
CMEに鞘寄せする形で反発、11,750円と300円を越す反発スタートとなりました。寄付き後は利食いなどの売りに11,700を20円割る場面も見られましたが、その後は11,700円が下値指示線となり、じりじりと上値を試し続け前日の下落分を埋める展開となり、前日大証大引けから390円高い11,800円で、前場の取引を終えています。

【日経225先物 後場のポイント】
★後場は前場終値18,000を上抜き、このまま勢いを継続していくかどうかに注目していきます。
前場高値11,820円を抜けてくるようであれば、さらに17日高値11,840円、その上は12,010円の××××て、大台トライとなるかに、注目です。
下限11,680-11,700-11,800-11,820-11,840-11,900-上限12,000
★一方、前場安値11,680円を下回ってくるようであれば、昨日イブニングセッション終値11,550円、そして心理的節目の11,500円が下値ポイントとなりそうです。

11,820 売り決済

11,730 買い決済 新規買い

11,780売り決済 新規売り

11,710 新規買い &★【超安値増額ポジション】 の仕込み直し

★【超安値増額ポジション】 を仕込み直します。

11,710 買い決済 

11,490の玉を寄り付き 利益確定 &寄り付き、新規売り(11,750円でした)

11,490の【超安値増額ポジション】の玉を寄り付き、11,750円で、一旦売り決済!
GUは美味しい!260円×2倍増額=520円の利益確定です!

【前場寄り前戦略】

★シカゴ終値11,760円に鞘寄席して始まりそうです。前日大証終値17,410と比べると300以上高い寄り付きになるので、××、×××をつけるでしょう。

★先物デイトレは、新規売りから入ります。

【超安値増額ポジション】 について
本日は、昨日ー3シグマ付近の突っ込みで買った 【超安値増額ポジション】 を一旦寄り付き利益確定します。
××××の後なので×××で、【超安値増額ポジション】 を仕込み直します。
★利益確定の流れが何分ぐらい続くのか?20分~30分以内でしょう。×××って、×××を作ったら、すかさず、新規買いで、仕込み直します。

【日経225先物 本日の戦略】

≪◆NYテクニカル分析◆≫
◆昨日の大陰線の横に、本日髭付の大陽線が並んでの大反発です。
◆テクニカル的には、ボトムを形成した足になっています。

≪◆日経225先物テクニカル分析◆≫
◆ー3シグマ(11,200)の少し上である、11,240に髭でタッチしての反発相場です。
◆昨日18日には、最初の窓である、17日(木Iの窓11,480を髭で埋めています

「シカゴ日経平均先物12月限(CME)」(18日)
C 11760 大証比+350(イブニング比+210)

【日経225先物本日の戦略】
◆本日は、上空に空いている窓12,010を、果たして急速に埋めにくるのか?がポイントです。

★米国株式市場の急反発を受けて、戻りを試す展開を予測します。
★下限11,650円ー11,760-11,840-11,910-上限12,010円を想定。
★シカゴ終値11,760円に鞘寄席して始まりそうです。前日大証終値17,410と比べると300以上高い寄り付きになるので、××、×××をつけるでしょう。

【超安値増額ポジション】 について
本日は、昨日ー3シグマ付近の突っ込みで買った 【超安値増額ポジション】 を一旦寄り付き××××します。
××××の後なので×××で、【超安値増額ポジション】 を仕込み直します。
★利益確定の流れが何分ぐらい続くのか?20分~30分以内でしょう。×××って、×××を作ったら、すかさず、新規買いで、仕込み直します。

≪今日の銘柄≫

≪■デイトレ銘柄≫
■4751 サイバーエージェント
★マザーズ指数が25日線を上抜けるかどうかに注目して、出遅れぎみで底値を昨日固めたサイバー兄弟に注目します!
★寄り付き買っても大丈夫でしょう!

≪□■超短期スイング銘柄≫
□■8308 りそなHD
★銀行関連株の空売り買い戻し、リバウンド相場が、どこまで行くか?に注目していきます!
★日経先物指数と連動するので、指数を注目しつつ、ホールドか?利益確定か?を検討します。


【海外動向】RTC設立期待で急反発 日米欧の6中銀、総額1800億ドル供給で協調!

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>      
終値     11019.69(+410.03)    
前営業日終値    10609.66(‐449.36)
ナスダック総合<.IXIC>      
終値     2199.10(+100.25)    
前営業日終値    2098.85(‐109.05)
S&P総合500種指数<.GSPC> <.SPX>      
終値     1206.51(+50.12)    
前営業日終値    1156.39(‐57.20)

米国株式市場は大幅急反発。朝方は信託銀行各社に売りが広がったが、
■英金融サービス機構(FSA)が来年1月中旬まで金融株の空売りを全面禁止
■続いて、米SECが18日から全銘柄に空売り規制措置を発表、
■ポールソン財務長官が整理信託公社(RTC)型の対策を発表表するとの思惑、
米国版≪整理回収機構≫設立観測
から
引けにかけて急反発する展開となりました。
セクター別では銀行や不動産を中心に全面高。シカゴ225先物清算値は大証比350円高の11,760円と急反発です。

空売り規制ニュースとしては、
■ニューヨーク州のクオモ司法長官は、ゴールドマン・サックス・グループ やモル ガン・スタンレー など米金融株をめぐり不正な空売りがなかったかを追求する調査 を開始したことを明らかにしています。  
■また、ニューヨーク州の年金基金は、空売りを行う投資家に対し、19の銀行および証 券会社の株式を貸し出すことを一時的に中止しています。

また、昨日の夕方からの動きを見ても、
■日銀、FRB、ECBなど日米欧の6カ国・地域の中央銀行による総額1800億ドルのスワップ協調行動が取れたこと
■ロシアでは総額2兆円規模の株式買い支え策
■中国では国有投資会社に対する銀行株買い増し指示
■また中国では先行き第2次、第3次の利下げ示唆
など、今回の金融危機に対して世界各国が迅速に協調した行動が取れたことを好感して、株価は急反発しています

≪今日の銘柄実績≫ アクセルマーク 大幅高!りそなHDも継続上昇期待!

≪■デイトレ銘柄≫
■3624 アクセルマーク 
★8711 FXプライムが本日新規上場します。直近IPO銘柄に資金が回ってきそうです。
82,100円 1万円高(+13.87%上昇) 予測通り直近IPOに資金が来ました!ブラボー!

≪□■超短期スイング銘柄≫
□■8308 りそなHD
★本日寄り付の突っ込んだところ、寄り付き狙って、反発を待ちます。
始値99,500が 終値114,300で高値引け! 14,800円高ホールドで続伸期待!

本日の相場解説

後場の日経225先物12月限は、前引け比20円安の11,310円で寄り付きました。ハンセン指数の下落や前場での上値の重たさが嫌気され、下げ幅を拡大し、11,240円まで売られました。しかし、短期売買が主体の中アジア株の下落が一段落すると、引けにかけて買い戻しが優勢になり、前場高値11,410円を超えると一段とカバーが強まりました。9月16日安値11,480円を回復しましたが、11,500円に迫る水準では大口売りが続き、前日比320円安い11,410円で取引を終了しました。本日の現物引け後、仕掛け的な売買が活発であったことから、日経225リンク債のノックイン着地点が意識されているようです。

■米SECによる全銘柄対象のカラ売り規制措置への期待
■米モルガン・スタンレーの合併先の動向やシンガポール政府系ファンドの支援体制などへの期待
■欧州では英銀ロイズTSBグループが英住宅金融最大手HBOS買収合意によって、昨年のノーザン・ロックのような政府救済といった流れが避けられた

以上の各国の迅速な対応策により、目先的な底打ち期待は出てきています。

今日は、今晩のNYに期待して、先物は持ち越しをしました。明日のCME先物がいくらでかえってくるかに期待です。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。