スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11,490 売り決済 新規買い

★今晩のNYの反発を狙って、持ち越しします。
スポンサーサイト

11,350 買い決済 新規買い

11,360 売り決済 新規売り

11,280 新規買い

11,270 買い決済

11,290 売り決済 新規売り

11,270 買い決済 新規買い

【前場解説と後場の戦略】

米保険大手AIGの政府救済が行われたものの金融システム不安は後退せず、米証券の連鎖破たんへの警戒感が高まる状況から金融関連中心にほぼ全面安商状となった米国市場の大幅下落を受けてシカゴ先物は11300円レベルをつけており、これにさや寄せする格好から始まった日経225先物も11290円と400円を越す下落レベルでの寄付きとなりました。寄付き後は11270円まで下げたものの、その後は米SECによる全銘柄対象のカラ売り規制措置への期待などもあってやや下げ幅を縮める場面もみられましたが、前引けにかけてはアジア株の動向なども見極めたいとする流れもあって、先物主導で再び安値水準に押しています。上値も重く、11300円台を中心とした小動きとなりました。

これまで積極的なポジションを取っていないこともあり、大幅下落ながら狼狽的な流れにはなっておらず、ファンドのクローズに伴うリバランスといった流れが中心でした。
米モルガン・スタンレーの予想上回る決算評価が期待されていましたが、その後の合併交渉で不安感が強まり、また、欧州の証券などについても再編が強まりそうであるため、金融システム不安は根強く、押し目買いは入れづらいところです。一方、米SECによるカラ売り規制措置を受けた今晩の米国市場の動向を見極めたいとする流れも強まりやすく、この水準から改めてショートポジションを組成する流れにはなり難く、リバランス中心の相場が続きそうです。

日経225先物9月限の前引けは前日大証大引けから400円安い11,330円、イブニングセッションからの出来高は67,045枚でした。また、日経225mini9月限の前引けは11,330円、イブニングセッションからの出来高は232,979枚で午前中の取引を終えました。

【後場の日経先物の戦略ポイント】
★安値更新となった前場の日経225先物であるが、後場は前場のレンジをどちらにブレイクしてくるかに注目していきます。

★まず前場の安値11270円を割り込む場面では、目だったポイントが見当たらないことから11000円の大台付近まで一気に下げてくる可能性があるため、注意したいところ。
★一方、前場高値11410円を上抜いてくるような場面では、16日安値11480円突破から、心理的節目の11500円を回復できるかどうかに注目したい。

11,370 新規売り

11,370 買い決済

11,380 売り決済 売り新規

11,310 買い決済 買い新規

11,320売り 新規売り

寄り付き 新規買い

≪今日のデイトレ&超短期スイング銘柄≫

≪■デイトレ銘柄≫
■3624 アクセルマーク 
★8711 FXプライムが本日新規上場します。直近IPO銘柄に資金が回ってきそうです。
★全体が安く寄り付きそうなので、寄り付き買っても大丈夫!

≪□超短期スイング銘柄≫
□■8308 りそなHD
★銀行株の安値を強気で拾って、空売りの買戻しの反発を狙うチャンスです。
★本日寄り付の突っ込んだところの寄り付き狙って、反発を待ちます。

【本日の日経225先物 戦略ポイント】

「シカゴ日経平均先物12月限(CME)」(17日)
O 11655(Globex 合算)
H 11775
L 11230
C 11325 大証比-405(イブニング比-305)
シカゴ日経平均先物12月限(ドル建て)終値 11325 (‐405)大証終値比
シカゴ日経平均先物12月限(円建て) 終値 11275 (‐455)大証終値比

【本日の日経225先物 戦略ポイント】
本日の日経225先物は米国株安を受け、下値摸索の展開が見込まれます。
予想レンジは、下限11,200円ー11,230-11,320ー11,480ー上限11,740円を想定。

★寄り付きがシカゴ先物の終値にどこまで、鞘寄せして始まるかに注目しつつ、リバウンドのタイミングを計っていきます。
★昨日、イブニング先物引けで新規売りを仕掛けた11,630円の玉は、寄り付き利益確定します。

海外の動向

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>     終値    10609.66(‐449.36)    
                 前営業日終値    11059.02(+141.51)
ナスダック総合<.IXIC>          終値    2098.85(‐109.05)    
                 前営業日終値    2207.90(+ 27.99)
シカゴ日経平均先物12月限(ドル建て)終値 11325 (‐405)大証終値比
シカゴ日経平均先物12月限(円建て) 終値 11275 (‐455)大証終値比
 大証日経平均先物12月限      終値   11730

米国株式市場は急反落し3年半ぶりの水準へ下 落した。米当局による保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG) 救済は、市場の沈静化に失敗した格好となった。  世界的なクレジット市場混乱の中、次の破たん先をめぐる投資家の不安が高まり、金融 株は全面安となった。主要株価指数はいずれも4%以上下落し、S&P500金融株価指 数<.GSPF> は9%安となった。

連銀が保険最大手AIG(AIG)へ850億ドルの緊急融資を決定、公的管理下に置くことで救済したものの、更なる金融機関の破綻や影響の拡大が懸念され、終日軟調な展開となりました。セクター別では各種金融や保険を中心に全面安となりました。証券大手の連鎖破綻懸念からゴールドマン・サックス(GS)とモルガン・スタンレー(MS)が大幅下落。生保最大手のメットライフ(MET)はリーマン・ブラザーズ(LEH)とAIG(AIG)関連で8億ドルの証券を保有していることを明らかにして下落。

ソフトウェアのアドビ・システムズ(ADBE)は減益となる決算を発表して売られ、一方でフラッシュメモリのサンディスク(SNDK)はサムソンによる買収提案を提示価格が低すぎるとして拒否し40%高。ダウ構成銘柄ではAIGの他、シティグループ(C)とJPモルガン・チェース(JPM)が二桁の下落率となった。NYタイムズ紙によると、大手銀行のワコビア(WB)がモルガン・スタンレー(MS)との合併に興味を示している模様。またワシントン・ミューチュアル(WM)も買収先を求めてオークションを行うことが報じられています。

≪今日の銘柄コメント≫

■アエリア(3758)・・・・・アプレシオ(2460)がアエリア他4社に対して、総額3億3221万円の第三者割り当て増資を行うと12日に発表しています。調達した資金はアエリアとの子会社設立にあてるそうです。→寄り付き高く寄りすぎて、買いませんでした。今日は調整の日になりました。今後注目です。
■サニーサイドアップ(2180)・・・・初値を越えられると反転リバウンド上昇が見込めるかもです。→まだもう少し、底値を固めてからの出発になりそうです。
■ACCESS(4813)・・・・ いちよし証券が格上げしています。→順調に上昇してきました。ホールドです。
■トライステージ(2178)・・・・・PER13.3倍 で、割安直近IPO→大幅上昇でした。直近IPOに資金がきていますね。

≪新興で動きのいい反発銘柄≫→どれも、上昇トレンドに向けて、着実に上昇していました!
■3823 アクロディア
■3843 フリービット
■3627 プライムワークス

【日経225先物解説と先物実績】

【本日の日経225先物】
前場は米国株式市場における反発やFRBにおよるAIG資金増強策が報じられグローベックスが上昇、これを受け前日比200円高の11,780円で取引が開始されました。その後は、売り買いが交錯し方向性が定まらない展開が続きましたが、引けに掛けて若干値を下げて終了。

後場の日経225先物12月限は、昼休みのアジア株の軟調な動きから前引けより60円安の11,720円で取引が開始されました。TOPIXの軟化を受け先物も追随し、大手銀行株も伸び悩んでいく展開。後場もはっきりとした方向感が見られず膠着状態が続きました。

【今晩のNYの動向】
★FRBによるAIGへの850億ドルの救済策は出ましたが、市場が納得できる救済策とは言い難く、今後、官民問わずさらなる救済策が出なければ株式市場は下落となる可能性がある。リーマン問題も払拭されたとは言えず、外貨建て債券問題など今後さらに影響が出てくるでしょう。
★17日の米国経済指標はMBA住宅ローン申請指数、第2四半期経常収支、8月住宅着工件数、8月建設許可件数などが予定されています。
★貯蓄貸付組合最大手ワシントンミューチュアルは、住宅ローンの延滞率が上昇していることから負担増は目に見えているため注意が必要です。

★以前、神経質な展開が予想されます。中国上海や香港、欧州と株価指数は下落です。日経225先物イブニングも、後場終値11,730から100円も下落して終わりそうです。
★イブニング引け値で、新規売りを仕掛けてみようかと思います。

テクニカル的にはRSI(14D)32.90%、STC(SLOW)13.63%。上値の目処として一目均衡表転換線12,080円、オプション権利行使価格12,000、5日移動平均線11,859円。下値の目途として5日ボリンジャー-2.5σ11,613円9月16日安値11,480円、が意識されるであろう。


11,410 買い決済 新規買い

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。