スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11,630 新規売り 持ち越します!

スポンサーサイト

11,650 売り決済 +70の利益確定

11,580 買い決済 & 買い新規

★×××××の×を××ました。

11,670 新規売り

★イブニングは、後場終値比40円安の寄り付く。
★××××は××か?
★興味を持ち、新規売りでエントリーします!!!

11,730 売り決済

11,690 新規買い

11,690 買い決済

11,720 新規売り

11,720 売り決済

11,660 買い決済 新規買い

11,720 売り 新規売り

11,720 新規買い

12,740 売り決済

11,720 新規買い

【日経225先物前場解説と後場の戦略】

日経225先物9月限は、前日のCME11760円と、大証終値から大反発。これを受けた日経225もCME清算値に鞘寄せする形となり、11780円と200円の反発でスタートとなりました。保険最大手AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)に対して「NY連銀が850億ドル規模の有担保融資を実施する」との表明が伝わると、ダレかけていた日経平均は切り返して再び上値を模索する展開となり、10:22に前場高値となる11880.03円(+270.31円)まで上昇しました。

ただ、買い物の多くは先物や空売りの買い戻しが主体で押し目の実需買いの意欲が依然として乏しい状況の中では、寄り後の買い物が一巡すると様子見ムードが広がり、売り買いが交錯する展開となり、寄り値を挟んでの小動きとなっています。

前引けは前日大証大引けから200円高い11,780円で、午前中の取引を終えました。

【日経先物 後場の戦略ポイント】
(マイナス要因)
★昨日の-600円を超える大幅な下落幅に対して、本日の戻り幅が+250円前後しかないことから「下がった半分も戻らないのは上値が思い証拠ではないか?」という見方があること。
★依然としてプラス材料が出ても積極的に押し目を買う動きは鈍い展開となっていること。
★朝から鈍かった中国の株式市場が下落幅を一段と拡大したことや香港市場も下落に転じたこと
★利食い先行のスタートとなりそうなこと。

【後場の戦略ポイント】
★前場のレンジ11,690-11,840円を上下どちらにブレイクしてくるのか?に注目です。
★前場高値11,840円を上抜くようだと、12,000円の大台がターゲットになります。
★一方、前場安値11,690円を下抜くようだと、昨日の16日終値11,580円、同じく16日安値11,480円が下値指示線として機能するかどうかがポイントとなりそうです。

11,780 買い決済

11,830 新規売り

11,830 売り決済

11,710 新規買い

11,700 買い決済

11,730 新規売り

11,730 +50 買い決済

11,780 新規売り

11,800 売り

11,780 新規買い

11,780 売り決済 +40

11,740 買戻し+20 新規買い

11,760 売り 損切り-20 新規売り

【寄り前戦略】

寄り付き買いますが、どこまで上昇するか見ます。

≪今日の注目銘柄≫

■アエリア(3758)・・・・・アプレシオ(2460)がアエリア他4社に対して、総額3億3221万円の第三者割り当て増資を行うと12日に発表しています。調達した資金はアエリアとの子会社設立にあてるそうです。
■サニーサイドアップ(2180)・・・・初値を越えられると反転リバウンド上昇が見込めるかもです。
■ACCESS(4813)・・・・ いちよし証券が格上げしています。
■トライステージ(2178)・・・・・PER13.3倍 で、割安直近IPO

≪新興で動きのいい反発銘柄≫
■3823 アクロディア
■3843 フリービット
■3627 プライムワークス
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。