スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇売り12,770

スポンサーサイト

◆買い 12,780

◆12,770買い決済

◇12,800売り◆ドデン新規売り

債権下落!株高なるか!

先物に
買いが入ってきました!

◇買い12,750

◇売り12,750

三角持合上放たれるか!

◇買い12,700

◆12,700買戻し 

◇売り12,710 ◆ドデン新規売り 12,710

急激に買われていますね

◇買い12,670

大口の買戻しが12,690から入りましたね!

◆買い決済12,670

【寄り前戦略】

◆寄り付き 買い決済
◆売り先行になるので、新規売り

海外の動向と本日の戦略

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>      終値         11386.25(‐241.81)    
                       前営業日終値    11628.06(+197.85)
ナスダック総合<.IXIC>      終値         2365.59(‐49.12)    
                  前営業日終値    2414.71(+34.33)

<シカゴ日経平均先物>                   (かっこ内は大証終値比)
シカゴ日経平均先物9月限(ドル建て) 終値 12685 (‐185)
シカゴ日経平均先物9月限(円建て) 終値 12685 (‐185)  
大証日経平均先物9月限        終値 12870

米国株式市場は大幅反落。原油価格が小幅上昇したことや金融大手の追加損失が今後も拡大するとの見方から終日軟調な展開で金 融株に売りが出たほか、世界経済成長をめぐる警戒感で大型ハイテク・工業株が軟調となりました。

米連邦預金保険公社(F DIC)が22日、カンザス州の地銀、コロンビアン・バンク・アンド・トラストを閉鎖 したことが嫌気されています。今年に入り破たんした米銀行はこれで9行です。

リーマン・ブラザーズ は6.3%安。韓国の規制当局が韓国産業銀行(KDB) による外国金融機関の買収に懸念を示したことが圧迫材料となっています。

国際通貨基金(IMF)による世界経済見通しの下方修正も地合いを悪化させ、世界経済をめぐる懸念を背景に大型工業・ハイテク株が売られました。

半面、連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ) と連邦住宅貸付抵当公社(フレディ マック) は、公的資金注入の観測を受けた前週の大幅安から切り返しています。フレデ ィマックは20億ドルの3カ月・6カ月物入札へのおう盛な需要が支援材料となって 17.1%急伸。ファニーメイは3.8%上昇しています。

【本日の戦略】
本日は、売り先行で始まります。昨日、現物でも先物でも12,950円以上の上値が買われず、大引けにかけて売られたことから、12,880円の新規売りポジションの決済を十分に引き付けて行います。
12,800ー12,680ー12,650ー12,620 その後は、市場のニュースや上海市場を警戒しつつ売買です。12,650で買戻してもいいのですが、底値探りがどの程度行われるのか、注目です。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。