スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の投資環境によって銘柄を選択

★自分の投資環境によって銘柄を選択して、マイポートフォリオを作って、運用しましょう。

このサイトでは、次の3種類の銘柄を提案していきます。

【デイトレード銘柄】
基本はその日に手仕舞いする銘柄です。
(極わずか地合いと銘柄の売買の勢いを考えて持ち越し、翌日利益確定する場合もあります。)

【スイング銘柄ポートフォリオ】
数日の短期銘柄です。1週間をめどに、推奨銘柄の入れ替えを検討します。

【中期銘柄ポートフォリオ】
ゆっくりと、日々の動きに惑わされず投資できる銘柄です。
(相場が安定してくると、推奨しやすいですよね)
スポンサーサイト

日経平均テクニカルを、1日1回チェック!

★日経225のチャートを、一日1回は自分の目で見て確かめてくださいね!チャートを実感することで、分析力がついて、売買判断が的確になります!

日経2258月1日(金)のチャート

《マイナス面》
①大幅下落で5日、25日線を割り込み、13000円割れ寸前まで下押し。
②一目均衡表のサポートとして期待されていた基準線のほか転換線をも割り込む。
③ボリンジャーバンドは中心線(25日)を割り込み、マイナス1σに接近し、パラボリックは陰転
《プラス面》
④13000円近辺に位置しているボリンジャーバンドのマイナス1σは横ばいで推移しており、これがサポートとして意識されます。
⑤一目均衡表の遅行スパンは過去の実線を下から上に突き抜ける、上方転換シグナルを出してくる可能性はあります。
⑥MACD(12,26)も陽転を継続している状況であり、来週末にかけて短期的にでも反転をみせてくることを期待したい。
《注目点》
★来週は、13100円を中心とした三角持合がどちらへ放たれるのか?日足のマイナス2σを下抜くのかどうか? に注目です。

本日の相場 8月1日(金)

日経平均は、282円大幅安の13094円で引けています。寄り付きは、予想を下回る4ー6月GDPを受けた米国市場の下げが嫌気されて反落でスタート。5日線と25日線を割ってからは、先物に大口の売りが続き下げ幅を広げ、13100円台でもみあいとなりました。

後場は、アジア株安を嫌気しさらに下落、米雇用統計前で様子見のなか先物に短期筋の売りも目立ち、大引けにかけて若干の買戻しはありましたが、大幅安で引けました。全面安商状。個別では昨日の任天堂に続き、本日はNECがストップ安となるなど不安感が強まり、日経平均は一時13039円と13000円割れ寸前まで下げ幅を広げていました。NY市場を睨んで神経質な動きが続きそうです。

新興3市場は、マイナス引け。ヘラクレス指数は算出来安値を更新しました。新興主力株も一部大幅に売られ、直近IPOも大幅安と、また売られる一方の動きになりました。

一日相場を見ていると買いで入れる個別銘柄を見つけるより、決算が悪かった貸借銘柄を一旦売って手仕舞いをする方が値幅が取れたかな?という相場でした。今晩の米雇用統計を受けての米国市場の動向次第ですが、世界的金融危機への警戒感が後退するのを見極める必要があります。一日本当に、お疲れ様でした。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。