スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッグチャンスの時に潤沢な資金で売買できる投資家になるために

2008年3月17日に、日経平均は11691円という安値をつけ、市場は総悲観が渦巻いていました。この時に含み損がなく、潤沢な資金で、この安値が買えたら、凄い!と思いませんか?

でも、「2割の投資家しか勝てない」という市場のゼロサム原理からすると、このような相場の大底においては、結構な含み損を抱えていることが多いのです。「含み損をかかえてしまって追証で投げざるをえない人」と「下落相場では空売りをし、大底かと判断できれば買戻し、ポジションを空けて反転を待ち構え、大バーゲンセールでたくさんのポジションを仕込める人」という両極端の立場が存在します。大底付近では、このように天国と地獄が共存する世界が相場なのです。当然、天国を実感できる立場に立ちたいですよね!

では、ビッグチャンスの安値で、含み損があまりない潤沢な資金で仕込めるようになるには、どうすればいいのか?誰でも知りたいですよね。大きく分けて二つ!「相場の大きなトレンドが的確に把握できていること」と「日々の資金管理とリスク管理のマネージメントがきちんとできていること」、この二つが、日々着実にできているか、否か?によって、投資の結果は残酷にも、大きく違ってくるのです。

「相場の大きなトレンドを把握する」ためには、日経先物指数のトレンド分析と、それと密接に関連している米ダウ指数・為替相場・原油商品相場などのトレンドをチャートで分析して実感把握し、世界的な動きを巻き起こす、中心的な経済状況・政策や対策・市場の反応を把握しておくことです。その上で、「明日の戦略」を立てて実践し、ルール化して「投資判断力」を磨くことです。そして、常に的確な投資判断ができるように、「判断の精度」を上げていくには、瞬時の「投資判断力」と「売買の対処方法」を磨いていけると、勝率が格段に上がってきます。これらは日々、取引をする中で、実践して解説していきます。

また、よく言われる「マネジメント力の向上」のためには、【目標値とLCラインを買う前に決めて、的確な利益確定と厳格なLCを行うこと】と、【地合い・資金の流れに応じた資金量調整管理】が重要です。大事な資金を用意してエントリーする時・エグジェクトする時に、「的確な投資判断」を必ず迫られます。 自己責任として、この的確な判断の積み重ねが日々できた時に、複利で利益は増え出し、リスクはLCによって軽減・限定できます。始めが肝心なのです。これらの、詳細なルールは順次、お話しますね!

でも、こうして一度身につけた投資力は、一生物です。着実に身につけていきましょう。
スポンサーサイト
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。